無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

小さい頃(水曜日)
望days

なんか急に思い出したから話すわ!

まぁ小さい頃俺はあなたが苦手やってんな( ・᷄д・᷅今は大好きやけどな!←

ーーーーーーーーーー当時5歳ーーーー

母「望ついたで!」

望「うん!」

父「また明日お隣さんに挨拶行かないとな!」

母「そうねぇ」

あなた「こんにちわ....」

望「こんにちわ!名前は?」

あなた「たなか....あなた」

望「俺、こちゃきのぞむ!」

あなた「バイバイ.... ダッ」

望「変なやつ」

そこからあなたとは何もなく高一になった

母「望、病院行く?」

望「なんで?」

母「あなたちゃんがな」

望「行く」


ーーーーー病院ーーーーー


あなた「の....ぞむ?」

望「あなた大丈夫?」

あなた「うん....(変顔)

望「アハハ(笑)」

あなた「やっと笑ってくれた....!ニコ」

望「////」

その時の事はまだ覚えてんで!あなたを好きになった日

続き➡️シゲの思い出