無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

番外編。
気分転換で書きます。





私には好きな人がいます。

その人は、やさしくて、食いしん坊、元気なように見えて、実は大変なんです。

あっ、私ですか?私は天体観測部に入っています、

私の、好きな人気づいちゃいました?..

照史「あなた〜!」

そう私の好きな人は照史くん、

照史「今日、星、見に行こ!」

「うん」

ーーーーー夜ーーーーーーーーーー


「あっ!天の川」

照史「ほんまや〜!」

「織姫と彦星ってさ、年に1回会うだけ、いや会われへんかもしれへんのにずっと愛し合ってるから素敵やな〜」

照史「なぁあなた....俺の織姫になってくれませんか?///」

「え....?//嘘つき嫌いやで…///」

照史「俺、織姫と彦星の事、全然興味なくて、でもそんな俺に、最初から最後まで教えてくれたのはあなたやから....//」

「よろしくお願いします//彦星さん//」


この後二人はまるで夜空の星のようだった