無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

動物園の帰り
まぁ……色々あってん…!それで今は帰り!

シゲ「あなた?…」ギュ

あなた「どしたん?しげちゃん....//」

シゲ「俺ちっちゃい頃からお前が好きやった....!だから望とハグしてんのとか家が隣やからとか全部嫉妬してた!だからもしあなたが俺を選んでくれるんやったら....大事にするから....ギュ」

あなた「ごめん....まだ好きとか分かんない....でも、私の初恋の人は....」

《車が通る》

シゲ「え....?なんて?」

あなた「もう、言わない〜!あほ〜!」

シゲ「ヒャヒャヒャ」

あなた「なんなん、5歳児!(笑)」

シゲ「うるさいねん!神ちゃんよりも小さいくせに!ヒャヒャヒャ」

あなた「うるさ....」

チュッ

シゲ「うるさい....可愛すぎるねん....//」

シゲ「ん....《手を差し出す》」

あなた《手を握る》



ーーーーー月曜日終わりーーーーー