無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

小さい頃(水曜日)
シゲdays

俺はなぁ....何やったっけ?まぁまた思い出すから待っとってや!




デート(本編)

照史「そうやったんやなぁ..(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)」

「なんで泣いてんの?(笑)」

照史「てかあなたなんかめっちゃ呼ばれてんで(笑)」

「え?あっ、こんにちわ!」

??「あなた、テレビ出たくない?」

「.......は?( ᵒ̴̶̷̤。ᵒ̴̶̷̤ )」

??「あっ私、池田さあや!まぁとりあえず来て!彼氏さんも」

照史「彼氏....」

「あっくん、はよ!」

照史「お、おん!」

「て、テレビ局....」

照史「.......」

さあや「あのね、実は今、可愛い女優を探してて」

「はい....( ˙-˙ )」

さあや「あなた、まさに私が探してた人材なの....!お願い」

「ちょっと考えさしてください」

さあや「分かったわ。これ私の連絡先」

照史「....」

「じゃあ失礼します....!あっくんしっかり!あっくん」

照史「か、帰ろかぁ〜」

「は、早くみんなに伝えな」

照史「おん!」

二人「急げ!」

ーーーーーーーーーーLINEーーーーー

あなた「みんな、パーティルーム集合!」

神ちゃん「どしたん?」

あなた「今あっくん放心状態やから」

シゲ「マジかwww」

濱ちゃん「大丈夫?www」

淳太「気をつけて....www」

流星「俺の携帯知らん?」

淳太「LINE出来とるやんけwww」

濱ちゃん「ヤバいwww笑い止まらんねやけど」

淳太「てかのんちゃんどしたんかなw」

神ちゃん「のんちゃん、今バイト」

望「みんなー今帰ってる」

あなた「私も今、付いた〜!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー




ーーーーーパーティルームーーーーー

「スカウトされちまいました☆」

神ちゃん「おぉ」

みんな「いいやん」

「じゃあなるわ!」