無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

逃げて
「大貴は....私の従兄弟....欲しいものの為やったら何でもする....!だから私が何とかする....!だからみんなは....逃げて?泣」

神山「やねん....それ....ボソッ」

「え....?泣」

神山「何やねんそれ!!お前が....あなたが生きてな....なんの意味も....グスッあらへんねん!でも....それは俺だけじゃない....みんなだって....グスッお前には生きててほしいねん....だから....だから!守らせろ!....」

「ウゥ"〜(泣)ごめんなさい....(泣)」

重岡「ギュッ」

神山「辛かったな....」

重岡「もう....大丈夫か?」

「うん....」

神山「あいつとはどうゆう関係?」

「大貴は、すごく家がお金持ちなの....そのせいでいつも、親は海外へ。そんな大貴を見てられなくて....声をかけた,中学の卒業式....大貴に告白されたの....でも私は....大貴のことを振った....そこからかな....大貴は....私のことを、執事の人たちを使って調べあげた....その事を1人教えてくれる....執事さんがいた....知念さんって言うんだけどね....ある日、知念さんは私に『逃げて下さい』って行ったの....大貴は。知念さんが私に情報をバラしてることを知って....知念さんを....(泣)」

重岡「ごめん....無理に話さして」

神山「これからはどうする?やっぱ印象を変える?....」

「印象....?」

神山「髪を切るとか」

重岡「そこから始めてみよか」

ピーピー



知念君担当の人。有岡君担当の人

ごめんなさい🙏