無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

おかえり!
ピンポン

「おっ。来た!ワクワク」

神山「入るで」

ガチャ

パーン

神山「うおっ!」

WESTー神山「神ちゃん、退院おめでとう!」

神山「ありがとう!」

「さぁ、座って!」

中間「プログラム1番、時代劇」

神山「時代劇?(笑)」

タカターン、タカターン♪

中間「とある所に、あなたざぶろうという、小僧がおったとさ」

「おとつぁん....大丈夫だ?」

桐山「あ"ぁ〜。大丈夫や」

小瀧「邪魔するで〜」

「邪魔すんねやったら帰って〜」

小瀧「あいよ〜って、帰るか!」

「お前。何しに来てん」

小瀧「お前らに、貸した金、まだなんやけど。」

「あと、1カッ月待ってくれ」

小瀧「無理な話や....!」

桐山「お"ぇー!」

思いつかなかったので終わります、すいません🙇‍♀️

神山「おもろかった!(笑)」

気づけば、もう23時、( ˙꒳​˙ )眠いな〜。

「コクッ....ハッ!」

神ちゃん『めっちゃ可愛い....』

『』は心の声です。

「わかるよぉ....グー....グー(。-.-。)zz」

カシャ、カシャ、カシャ

濱田「やっと、撮れた〜!」

神山「濱ちゃん、後で送ってや!」

WEST「俺にも!」

濱田「分かった〜!」