無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

尾行
こんにちーわ!今日は、愛しの子に会いに行きます♡でもさ?こんなん言ったら、うるさい人たちは黙ってないやん?だから。秘密!

⁇「あなたちゃ〜ん!」

「大西ちゃ〜ん!」

そう、私の愛しの子。大西流星((ボコッ

「会いたかった!」

大西「大吾くんも呼べば良かったね」

「いや。大吾はおいとこ?((圧」

大西「うん(笑)」

重岡「おい。流星とあってんぞ?」

小瀧「やるな〜....俺だって....」

神山「いや、会いたかったちゃうよ!」

桐山「((モグモグ」

中間「いや、大吾可哀想やな」

藤井「てか、なんでお前らついてきてんの?」

中島「いや、妹の密会は見逃せないっすよ!」

松島「濱田くんはいないんですか?」

桐山「さっき、仕事行きはったわ(笑)」

中間「行く直前まで『いや""〜!!行かへんねん!!』って言ってたな(笑)」

佐藤「流星くん可愛いな」

菊池「中島、いつまで続く....」

マリウス「疲れたよ〜」

大西「クシュッ。」

「クシュッ。」

「噂でもされてんのかな〜?(笑)」

大西「そうだね〜」

➪続く