無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

旅館
「涼真、久しぶりやな〜!」

涼真「そうやな〜(笑)」

濱ちゃん「すんません、ほんまにあの竹内涼真さん?」

涼真「まぁ....そうっすね( ˙-˙ )」

神ちゃん「エェェェェ!」

照史「ど、どした、もんち」

神ちゃん「俺会いたかってん!」

「てか、なんでおるん←」

涼真「息抜きに....( ˙-˙ )」

「背デカっ( ー̀дー́ )‬」

望「あなたが、小さいだけやから(笑)」

「は?←」

望「なんもないです。」

「じゃあ旅館入ろか」

ガラガラ

「予約してた田中です。」

お婆ちゃん「こちら部屋の鍵になります。」

「大部屋借りてんで、ドヤッ」

望「大部屋かぁ....って!大部屋?!」

「おん。」

望「よっしゃー!」

涼真「じゃあ俺3階やから!バイバイ!」

「おおきに〜バイバイ!」

ーーーーー部屋到着ーーーーー

「ちゃんと布団人数分あるな〜!じゃあ私ここ〜!ボフッ」

WEST「あなたの隣は俺やから!」

「ここはジャンケンな?」

WEST「はーい!」

濱ちゃん→✌

シゲ→✊

照史→✊

淳太→✌

流星→✊

望→✊

神ちゃん→✊

淳太「負けた〜泣」

濱ちゃん「ちきしょー!(笑)」

ーーーーー第2回戦ーーーーー

シゲ→✋

照史→✌

神ちゃん→✌

流星→✋

望→✋

ーーーーー第3回戦ーーーーー

神ちゃん→✊

照史→✋

照史「っしゃー!」

「おめでとー(棒)」

「じゃあお風呂行こか!」

WEST「おん!」

「じゃあ私こっちやから( ˙-˙ )」

望「私もこっちやから( ˙-˙ )」

シゲ「私もこっti」

神ちゃん「はい、あんたらはこっち!」

望「あなた〜泣」

「じゃあまたお風呂上がりに」

NeXT→お風呂上がり