無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

234
2021/07/28

第2話

🌼
授業後
『景瑚くん、!!
ほんとにありがとう!!(ペコッ)』
佐藤「ん。別に大丈夫。」
『ほんとに助かった、!!』


佐藤「俺別になんもしてないよ(笑)」
藤咲「なに〜やっぱ景瑚くんに教えて貰ってたのか〜(笑)」
鶴房「藤咲、あなたが答えられると思う?(笑)」
藤咲「いや、思ってないからだよ!!(笑)」
鶴房「あ、そっか〜。」
『2人とも酷くない、?!(笑)』
鶴房「それにしても景瑚流石だよな〜。
俺めっちゃ真剣に考えたけどあれ分かんなかったもん(笑)」
『汐恩も分かってないんじゃん!!!(笑)』
鶴房「あ、、。」
佐藤「別に大したことないし、(笑)」
『テスト前景瑚くんに教えてもらおっかな〜(笑)』
藤咲「とか言って絶対しないのがあなた。(笑)」
佐藤「…いーよ。教えよっか?」
『え、ほんとに?!』
佐藤「うん。」
鶴房「え、俺も教えてよ〜!!」
佐藤「汐恩は嫌だ。」
鶴房「えぇなんで?!」
佐藤「あなたちゃん限定。」
『えぇやったぁ〜!!(笑)
次は汐恩に勝てる〜!!テスト〜!!(笑)』
藤咲「良かったじゃん(笑)」
鶴房「えぇじゃあ藤咲教えてよ勉強!!!」
藤咲「ええ無理無理!なんならあんたらより馬鹿だからね?!」
鶴房「うぇ〜終わったじゃん!」
『今回アイスは頂きだわ〜!!(笑)』
佐藤「やるからには汐恩に勝たせてあげる。(笑)」
『心強い、!(笑)』
高校入ってからのテスト、

汐恩と戦ってきて、2勝3敗、(笑)
勝つしかない!!!(笑)
佐藤「いつでも言って。だいたい予定空いてるから(笑)」
『うん!ありがとう景瑚くん!!!』
景瑚くんってなんでこんな優しいんでしょうか!!!!