無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

199
2021/07/31

第7話

👻
藤咲「あーあなた!!いきなりどこいったかとおm…」
藤咲「あれ、あなた泣いた?!」
『え、泣いてないよ?(笑)』
ごめん、かな。嘘つかせて(笑)
佐藤「あなたちゃん、ゲラゲラ笑ってたから大丈夫そーだけど?」
藤咲「あ、そー?」
『あ、うん!(笑)』
景瑚くん、、ありがとう、(笑)
佐藤「(ニコッ)」
…景瑚くんってよく見ると凄いお顔整っててかっこいいんだよな〜(笑)
景瑚くんの彼女さんになる人って絶対幸せ!(笑)
鶴房「あなた〜顔しかめてどーした〜?(笑)」
『あ、汐恩。
なんもないです〜!!(笑)』
鶴房「えぇほんとか〜??」
『本人が言ってるのでほんとです〜!(笑)』
先生「おい鶴房。土村。授業始まってるぞ!!」
あ、、、やった、
鶴房『ごめんなさーい!!』
あ、被った、(笑)
チラッ
鶴房「(ニコッ)」
『(ニコッ)』
うん、やっぱ私は汐恩から抜け出せない、。(笑)


…
先生「…〜ということで〜、実験のペア、決めといてな〜!!」
クラス「はーい!!」
先生「はい、終わり〜。」
クラス「ありがとうございましたー!」
藤咲「ねぇ!あなたどーするの?ペア!!」
『あー、別に誰でもいーんだけど(笑)』
藤咲「なんで!汐恩誘いなよ!(笑)」
『っ!!かな声でかい!!』
藤咲「あ、ごめん(笑)
でも!!誘わないとほかの女の子と組むんだよ??」
『それは嫌だけど…』
「ねぇー。あなたちゃん。
俺と組まない、?」
藤咲「え、白岩くん?!」
え、私?!
白岩「そー。君!(笑)」
白岩「声に出ちゃってるんだけど(笑)」
『あ、ごめん、(笑)』
藤咲「あなたもとうとうモテ期か〜!!」
『ちょ、違うから!』
白岩「だめ、かな?」
汐恩は、、、あ、もう他の女の子と話してる、。


決まっちゃってるなら意味ないよね、
『うん、いi』
「だーめ。」
白岩「景瑚、?」
『えっ?!』
佐藤「あなたちゃんは俺との先約があるからダメです。」
『え、先約なんか、!』
白岩「ってあなたちゃんは言ってるけど?(笑)」
佐藤「覚えてないだけじゃ?
俺覚えてるので。て事で!」
白岩「(景瑚くんの手を掴む)」
佐藤「なに?」
白岩「あなたちゃん覚えてないんだし、あなたちゃんに決めてもらおうよ?」
佐藤「…いーけど。」
え、なんでそーなった、?!
白岩「じゃあ金曜日、決めてよ。あなたちゃん。(ニコッ)」
『え、あ、うん』
佐藤「最悪…(ボソッ)」
白岩「じゃあ!」
景瑚くんも白岩くんも席に戻っていったけど、、
ええなにこの展開?!←
藤咲「ねぇどーすんの?🎶」
『かなさん、音符見えますけど←』
藤咲「いや、楽しいの!!
んで、どーするつもりで〜?」
『えぇどーすればいいの?逆に!!(笑)』
藤咲「あなたが選ばないと!!(笑)」
『ですよね〜、。』
藤咲「今週いっぱい考えな!!」
『うん、。』