無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

喧嘩。
神田 茅波
先輩!甘いですよ!あそこは確実に決めないと...同点でも負けないんだから...
早稲田 虹太
神田.....俺は、選択間違えてなかったと思うけど?何がしたいん?
生徒
2年D)篠川ちゃん...大丈夫?
あっ、そうや。私.....。
あなた

ごめん。間違えたね。
延長戦まで持っていった方が良かったね。

中学の時も...

















こんな対立あった。







私は...ただ.......ベストの方法をしただけなのに.....
神田 茅波
あなたは自分の地位を高めようとしてるだけじゃないの!?









私の選択はいつも空回り。









どんなけみんなの為に頑張っても、
『自分を認められたいが為にやってるの?』
って。
あなた

そつ.....そんなわけ...

生徒
1年女C)やっぱり?
生徒
1年女D)そんなんだったらスタメン変わってくれてもいいんだけどー?
生徒
1年男C)うわー。良い奴だと思ってたのになー









私を認めてくれる人は誰も.....





きっとこうちゃんも.....。
早稲田 虹太
あなた、ほんまさ............