無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

216
2020/11/29

第11話

episode.7
 ⚠︎注意⚠︎

episode.5とepisode.6の間に入る話です。時系列がごっちゃで見にくいです、すみませんm(*_ _)m

‪✂︎‬─────────────────


ジフンが練習生になって約1ヶ月。
新しい仲間が来た。
名前は────。

🐯「やはー、クォン・スニョンです!!」

初対面で申し訳ないけれど、声がデカいんだよなぁ……とにかく元気のいいスニョンくん。

🐯「あの!」
「もしも〜し!」
「聞こえてますか〜??」

あなた「……ん?はい?
もしかして…私??」

周りがガヤガヤしてると思ったけど、まさか私を呼んでいたとは思わなかった。
拗ねて頬を膨らませる彼は、ハムスターのようだった。

🐯「俺、96lineの6月生まれだよ。」

あなた「私は95lineの9月生まれ。名前は橘あなただよ。」

🐯「わぁ!やっぱりお姉さんなんだ!あなたヌナって呼んでもいい?」

あなた「いいよ〜ㅎㅎ」

🐯「ありがと〜!」

弟のような愛嬌のある立ち振る舞いに親近感を覚え、仲良くなりたいと思った。
頬が落ちそうな満面の笑みで私に抱きついてくる。昔の弟を見ているようで嬉しくて、つい抱き締め返そうとした。
すると────。

🍒「それは流石に止めようか。」

引き攣るような笑みで言うスンチョル。
あなた.。oO(たしかに、流石に初対面で密着するのはまずいか……。

あなた「…じゃあさ、私はスニョアって呼ばせてもらうね!仲良くしようね。」

🐯「うん、俺達もう友達だね!!」

あなた「そうだねㅎㅎ」

初対面で友達になれた初めての人。
、、、スンチョルが睨んでいる気がするのは気のせいだろう。