無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

192
2020/11/30

第12話

episode.8
 スニョンが来て1週間経った。
いつも「あなたヌナ〜!」と駆け寄って来てくれて、私も弟のように可愛がっている。

🐯「あ、あなたヌナだ〜!」

あなた「お〜、スニョアだ〜!ㅎㅎ」

スニョンの隣には他の練習生達も居た。

あなた「もう皆と仲良くなったんだね!」

🐯「うん!これから皆とご飯食べに行くんだ!あなたヌナも一緒に行かない?」

あなた「行きたいっ!」

皆で囲んで食べる鍋はいつもより美味しかった。

Aくん「食べてると本当にスニョンはハムスターに見えるな。」

そう話し出すと皆がスニョンがハムスターに似ていると話し始めた。
少し不機嫌そうな顔のスニョン。

🐯「ハムスターなんかじゃないもんっ!」

頬を膨らませるともっとハムスターに見えた。

Bくん「ハムスターにしか見えないよㅋㅋ」

スニョンの顔は悲しそうだった。

あなた「確かにスニョアはかわいいけど、踊ってる時は虎みたいに獲物を狙う視線がかっこいいよね!!!」

Aくん「確かに!踊ってる時のスニョンは虎だな!」

Cくん「ホランへ(虎の視線)だ!」

虎と言われたスニョンは嬉しそうだった。その顔を見たら自然と笑顔になった。