無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

嘘が16個
伊之助side
天ぷらを食って、目の前にいる女を見る



俺に似てんだよなァ


それにどっかで…見たことあんだよ
you
you
you
you
どうかしましたか?
俺の視線に気づいてニコニコと笑う女



you
you
何私の顔に何かついてますか?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
いや、どっかで見たことあんだよ
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
お前の顔
you
you
それは…
you
you
ご自分の顔に似ているからじゃないですか?
you
you
鏡とかで顔を見るでしょう?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
そうか…?
俺…鏡なんてみるか?


見ねぇな
you
you
伊之助さんはどうしてこの町に?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
俺、今日は非番だったんだ
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
美味い天ぷらが食いたくなって、紋治郎がここが美味いって
you
you
炭治郎さんに聞いたんですね
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
じゃあ、お前は?
you
you
私はもうここにこれなくなってしまうから最後に食べに来たんです
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
あ?最後?
『なんでた?』

と聞けば

『ふふっ、内緒ですよ』

と返される


意味わかんねぇ
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
ああ!
you
you
ビクッ
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
思い出した!お前!
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
夢に出てきた女そっくりなんだ!
そうだ、そうだ

あの女!


泣いてたり、笑ってたりしてた
you
you
夢の中にもそっくりさんですか