無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

嘘が24個
NOside


嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
猪突猛進!猪突猛進!
叫びながら森を駆け回っているのは伊之助である



なぜ、彼が森にいるかと言うとあなたを探すため




自分と兄妹だと知った伊之助はあなたに会いたい、その一心で





だから、店主に聞いたこの森をとにかく走っている

野生の勘である
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
あなたーーーーー!
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
ん?
キキッーーーーー!っと音がなりそうな勢いで止まった伊之助


彼の目線の先には『万世極楽教』と書かれた看板がかけられた門

その奥には大きな屋敷があった

嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
(なんだ…ここ…)
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
(来たこと…あったか?俺)
結局、気になった伊之助は中に入ることにした



こんな森にある屋敷


もしかしから、あなたの住んでいる屋敷かもしれない
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
おーい!あなたーー!
中庭らしき場所まで来たところで異変に気づいた




この屋敷、やけに静かなのだ


こんな大きな屋敷なのに人の気配が1つもしない
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
(なんだよ、誰もいねぇのかよ)
と、引き返そうとした時
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
っ…!
すぐ後ろで鬼の気配がした




今まで戦った鬼とは比較できないほど強い気配
伊之助が振り返るとそこには…






















童磨
童磨
やぁ、初めまして
夢に出てきた鬼の姿
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
初めましてぇ?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
巫山戯んな!
童磨
童磨
覚えていたのかぁ
童磨
童磨
じゃあ、久しぶり伊之助