無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

嘘が2個
あなたside
私には母様が居ない、兄弟も居ない




だけど、父様がいる
you
you
父様、町に出かけて来ます
童磨
童磨
ああ、気をつけてね
you
you
はい
父様はお仕事が忙しい

父様は万全極楽教という宗教の教祖様をしている
いつも人を助けている


人はみんな天国に行きたくて、父様のところに来る


そんな人達と父様が“何か違う“と感じたのは私の歳が10ほどになったころ



人ではない何かを感じていた


それを父様に話したら

『俺は鬼なんだよ』
『人を喰ってあげて俺の中でその人はずっと生きられる』
『これは人助けなんだよ』って
だから、私も鬼になるんだって

でも、女の人は15とか16の歳が1番綺麗なんだって

だから、その歳頃になったらねって言われて


私は今、15歳だからもう時期だと思う


今のうちに甘味を食べとかないとね
町について甘味処に向かう
あれ?あの人、道に迷ってる?
you
you
あの、迷っているようでしたら案内しますよ
伊之助さん…?
you
you
え?
あっ、いえ、なんでもないです
知りあいと似ていたので
you
you
そうですか、私はあなたと言います
神崎 アオイ
神崎 アオイ
私は神崎アオイです
神崎 アオイ
神崎 アオイ
ここの近くの薬屋に行きたいのですが
you
you
薬屋ならこの道を少し戻るとありますよ
you
you
きっと、まだ店が開いてなかったから気づかなかったんですね
you
you
今の時間なら開いてますよ
神崎 アオイ
神崎 アオイ
ありがとうございます
アオイさんはテキパキと動いて薬屋に向かった





ふふっ、人助けしちゃった
___

_____
主人公設定
you
you
あなた
(本名:嘴平 あなた)
自分の本名は知らない

歳:15

性格:優しく、嘘が嫌い
父が大好き

見た目:瞳は伊之助より少し薄い色
髪は黒色
目がタレ目
伊之助とそっくり

その他:母親は病気で死んだと思ってる
鬼は良いものだと思ってる