無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

嘘が15個
NOside

伊之助とあなたは向かい会って座っていた
you
you
天ぷら、お好きなんですか?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
おお!美味いからな!
you
you
分かります
you
you
私も天ぷらは好物なんです
ニコニコと話すあなたに伊之助も嬉しそうに話している
店主
ほら、お2人さん
店主
天ぷらだ
you
you
うわぁー!
you
you
いつ見ても美味しそうですね
店主
ありがとうな、嬢ちゃん
you
you
では、伊之助さん
you
you
食べましょうか
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
おう!
この時、伊之助が毛皮を脱いだことにより伊之助の顔があらわになった


伊之助は毛皮を被っており、あなた顔がよく見えず

あなたは伊之助の毛皮で顔が見えなかった
そして、お互いの顔を見て一言
you
you
え?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
は?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
ああ!お前!
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
紋治郎が言ってた!
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
俺のそっくり!
you
you
紋治郎?
you
you
ああ、炭治郎さんですね
you
you
確かに、本当に似ていますね
店主
お前さんたち、双子…とかじゃないのか?
you
you
いえ、父様からそんな話は聞いたとこがないので…
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
俺も母親居ねぇし
店主
いや、母親がいないのはないだろ
you
you
…まぁ、食べましょうよ
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
おう!
気づくまで…あと__
_____

_________

大正コソコソ噂話!

あなたさんが「紋治郎」でも分かったのは思考回路が多少似ているからです

さすが、双子ですね