無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

嘘が6個
あなたside


今日はこの前の外出から1週間ぐらいたった



私は1週間ぶりの外出が許可されて、はしゃいでいた



そんな中、父様に呼ばれた
you
you
父様、入ってもよろしいでしょうか?
童磨
童磨
ああ、入って
you
you
それで、父様
you
you
どんな御用でしょう?
童磨
童磨
それがね、ここら辺で鬼が出ているんだよ
童磨
童磨
だから気をつけてね
you
you
you
you
鬼はいい者では?
童磨
童磨
人にも全良な人と悪い人がいるだろ?
you
you
はい
童磨
童磨
それは、鬼も同じ
童磨
童磨
ちょうど、悪い鬼がいるから気をつけてねってことだよ
you
you
そうでしたか
童磨
童磨
鬼にあったら「上弦の弐」って言いな
you
you
「上弦の弐」ですか?
童磨
童磨
うん、それで大丈夫だから
you
you
分かりました!覚えておきます!
童磨
童磨
あなたはいい子だね
you
you
では、私は出かけてきます
童磨
童磨
行ってらっしゃい
私は父様の部屋を出る前に父様に聞いた
you
you
父様…
童磨
童磨
なんだい?
you
you
父様は全良な鬼ですよね…?
童磨
童磨
もちろんさ!
you
you
そうですよね!
you
you
では!
そうだよね、父様だもん