無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

嘘が37個
童磨side






堕姫ちゃんのところにあなたを預けて俺は、伊之助について色々調べていた











でも、これといって新しい情報はなかったなぁ


残念、残念













さて、あなたを迎えに行こうか


















童磨
童磨
やっぱり遊郭には女の子が沢山いるねぇ
美味そうだがあなたを迎えに行くのが先だ











…ん?








今、伊之助の気配がしたなぁ






堕姫ちゃん達を倒しに帰札が来ているのか?








それなら、尚更あなたを連れ帰らないと




2人に会われたら困るからねぇ



一瞬で堕姫ちゃんの部屋に行き、話しかけた
童磨
童磨
やぁ、堕姫ちゃん
蕨姫花魁
蕨姫花魁
あんた、何しにきたの?
童磨
童磨
何ってあなたを迎えに
蕨姫花魁
蕨姫花魁
そう、あなたならもう時期来るわ
童磨
童磨
そうかい!ねぇ、堕姫ちゃん
最近、鬼殺隊がここらをうろついてないかい?
蕨姫花魁
蕨姫花魁
いるね、弱いのが何人かと柱が1人かしら?
童磨
童磨
じゃあ、ちょっとお願いなんだけど
童磨
童磨
鬼殺隊士の中にあなたに似てる男がいるから殺してくれない?
蕨姫花魁
蕨姫花魁
いいわよ、でもあなたに似てるって?
童磨
童磨
ふふっ、それは内緒
蕨姫花魁
蕨姫花魁
…まぁ、いいわ