無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

嘘が23個
しのぶside



病室から聞こえる伊之助くんの声が大きすぎると注意しようとした時



伊之助さんの口から出た言葉は鬼の特徴







それは私の最愛の姉を殺した鬼の特徴と一致していた





だから、説明を求めたのだが…








適当に説明されてどこかに言ってしまった伊之助くん
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
炭治郎くん、伊之助くんの言ったことをもう一度分かるように説明してもらえませんか?
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
分かるように
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
あっ、はい!
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
俺も1度しかあったことがないんですが
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
ある町にあなたさんという女性が居まして
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
その人が伊之助と瓜二つだったんです
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
そしたら伊之助も俺の数日後にあった見たいで
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
こないだまで『何か引っかかる』と
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
それで、今日は『俺の妹だった』と
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
……それに、あなたさん
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
鬼と暮らしているみたいで…
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
鬼と…ですか?
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
はい、彼女から鬼の匂いがして
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
でも、彼女は日の下を歩いていて
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
伊之助が見た時は日傘をしているようでしたが
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
…これはお館様にご報告した方が良いですね
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
お館様にですか?
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
はい、このようなことは初めてですから
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
では、私は報告に行ってきますので
…やっと…やっと見つけた




姉さん…もう少しで仇が取れるよ