無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

嘘が26個
童磨side





あー、本当によかったよ


あなたを別荘に移しておいて
こんなに早く、ここに来るなんて思わなかったけどね





伊之助
童磨
童磨
さぁ、伊之助
童磨
童磨
帰った帰った
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
はぁ?嫌に決まってんだろ!
童磨
童磨
ここにあなたはいないよ
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
てめぇは知ってんだろ!
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
あなたの居場所!
童磨
童磨
嗚呼、勿論さ
童磨
童磨
俺はあなたの父親だからね
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
てめぇは“俺ら“の父親じゃねぇ!
俺ら…ねぇ?
童磨
童磨
あなたと伊之助はもう違うものだよ
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
なにいってだ?
童磨
童磨
だって、あなたはもう
童磨
童磨
鬼だからね
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
は…
君らはもう家族には戻れない





可哀想だね、伊之助



俺が食べてあげようか?







そうしたら、あなたに付きまとう奴はいなくなるしあなたが俺の嘘に気づくことは永遠にない


一石二鳥かな?