無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

16
ふと振り返る。
すると、その人と目が合った。
私が驚きのあまりぽかんとしていると、相手はうっすら笑みを浮かべつつ、
「、、、、あ、君が黒城さんか、、確かに、、美人だなぁ、」
『、、、、えっと、、え、え?』
"え"の登場率半端ない((
『あの、、なんで名前、、』
「あっ、研磨がよく相談してくるんだよ、笑」
《回想》
研磨「自殺しようとしてる人を引き止めたいんだけど、どうしたらいいの、、??(座ってるので上目遣い)」
「うーん、、とりあえず話を聞いてみないとわかr」
「おい研磨ぁ!!サボるなぁっ!!あとあんまり広めるとあなたサンも嫌がるんじゃねーの??」
研磨「でも、、夜久さんだから大丈夫、、ね、、?(上目遣い発動)」
ーーーーーーーーーーーーーーー
「みたいな、、??」
「あ、俺は夜久、夜久衛輔。」
『あの、、夜久サン、、夜久サンは、自殺ってだめだと思いますか、?』
夜久「いいことだとは思わないけど、辛いなら死ぬのもありだと思う、かな笑」
『そ、そうですか、、』
『あの、、じゃあ私行くので、さよなら(ペコッ)』
夜久「おう、またな!!」
またね、っと言って夜久さんは駄菓子屋に入っていった。
その背中を見つめつつ、
『なんでみんな私なんかに優しくするのかな、、』
『もうわかんなくなっちゃうじゃんか、、、笑』
と、小声で呟く。
まだ時間があるので、個人的に最高な秘密基地スポットで適当に時間を潰した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はいっ!!
2回目にして題名あやふやですがいきましょー!!
第2回!! 「作者の無駄話を聞こう」のこーなー!!
今回はね、あなたちゃんについてですぅ、、
まず過去はね、
①産まれる

②育つ/小学生の頃からバレー

③父によるDVと性的虐待 (小学生の頃)

④母と逃げる(中学生になると同時に)

⑤母が頭おかしくなる(逃げてから3ヶ月ほど)

⑥バレー辞める/病む/学校でも虐められる(中学2,3年生)

⑦学校をさぼりだす(高一)

⑧今に至る。
ってかんでぃでぃでぃ
そんでね、バレーの時のぽでぃでぃしょんとかはね、
なんでもできるけど基本セッターぁあっ!!
んで、ステータスはこんなの
頭脳 ■■■■■
パワー ■■□□□
スピード ■■■■□
テクニック ■■■■■
バネ ■■■□□
スタミナ ■■□□□
はい次、
お顔とスタイルについて
お顔はね、美人:可愛い=8:2ってかんでぃ
んでね、もうめっちゃ美しいの。つむさむ越えたれべる。
んもう美しい。清子さんをも越える
それでも田中は清子さん一筋なんだよなぁああ((関係ない
スタイルだけど、お顔ちっちゃい、足細い、お腹ぺったんこ、すらぁああああっってかんじ。
以上。🤍押してね!!
さらばだっ!!