無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

23
夜久「あぁ、、そっか、俺着替え余分に持ってきてないんだよなぁ、、笑」
夜久「(黒尾と山本はないよな、、)、、、研磨とかに聞いてみたらどうだ??」
『わかりました、、』
結局研磨クンじゃんかぁ、、、
研磨クン、、、あの、図々しくてごめん、、だけど、余分に着替えとかあったら、
孤爪「あぁ、そっか、黒城サン急だったもんね、、」
『、、ごめん、、、』
孤爪「いや、別に謝らなくても、、、着替え持ってくるから待ってて、、、」
孤爪「(黒城サンが俺の洋服着るの、、!?嘘でしょ、、夢じゃないよね、、、)」
申し訳な死もうしわけなしできる、、、もうだめだぁ、、、、
孤爪「、、黒城サン、これ。(ましなやつ選んだけど、、大丈夫かな、)」
『ありがとう、ごめんね、』
孤爪「別に謝らなくても、、」
とりあえずお風呂だよね、、
ーーーーーーーーーお風呂あがったよ。
タオル出してもらってる、、、とらって優しいんだな、、、知ってたけど、
研磨クンに借りた服を着て、お風呂終わったことを伝えにリビングまで行く。
『あの、お風呂、、終わりましたぁ、、、、!?』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
next
🤍10
💬3
コメント今回はコミュ障なりに頑張って返す。多分ね。