無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2
来いって言われた、、けど、屋上でサボることになった、、。
『なんで邪魔するのさ、、、』
あの人、なんで私を気にかけるんだろ、、
今落ちれば気づかれないのでは、、?
天才かも、、あ、でも本の続き読んでからにしよっかな、
そう思い、屋上に置きっぱなしだったカバンから本を取り出す。
"冬の朝、そっと担任を突き落とす"
あと数ページだけど。
本のページを捲り始めた時、扉が開いた音がした。
静かに開けた音。
その音が空を舞って遠くまで届く、、はずもなく、屋上の床にそっと落ちる。
誰だろう。そう思いドアの方に目を向ける。
『、、、、プリン、?』
「、、先客いたんだ、」
『まあね、』
長い沈黙、ページをめくる音、風の音、
『、、、、、』
本を読み終わった私に、新しい悩みができた。
人がいるから堂々と飛び降りることができない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
🤍押すの忘れてませんか