無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12
『モヒカンファサファサーくん、、』
『私の顔に何か、、、?(首を傾げる)』
「あっいえ、、特に、、何も、、なぃです、、、」
『ほんと、、?じゃあいいんだけど、、』
話題がない。そういえばモヒカンファサファサーくん、前も傘咲にいたよなぁ、、
「あの、モヒカンファサファサーじゃなくて猛虎、、いや猛くん、、、いや、、うーん、、、"とら"って呼んでくださいぃっ、、あ、、えーっと、、できればですけど、、、」
読心術かなにか、、、??、、まあいいや、えーっと、、、、とら、、でいいんだよね、
『じゃあ、、とら、あのさ、傘咲に住んでるの、、??』
「はぅあっっ!!、、えっと、、傘咲は川沿いに人が少ないから走りに行ってるっす!!ちなみに甘雨住みっす!!」
「(yo☆bi☆su☆te☆、、、ありがたき幸せぇえ、、テンパって喋りすぎたかも、、引かれた、、あ、、どうしよう、、)」
なんか急にいっぱい喋るじゃん、、、(モヒカン氏の予想的中)
かんう、、??kanu、、??
『、、ん、、甘雨、、??』