無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

バトアスと対面
(なまえ)
あなた
ここら辺ですかね…
えっと わぁー赤い髪だ…綺麗
ん 赤髪?隣に黄色のメッシュ 白のスーツ
うん バトアスですね
(なまえ)
あなた
ファンに囲まれていて行けませんね…
(なまえ)
あなた
📱『お兄ちゃん 空劫さんのL○NE教えてください』
一郎
一郎
📱『良いぜ
■■■■
■■■■
■■■■
(QRコードがあると思ってください)
これで良いか?』
(なまえ)
あなた
📱『ありがとうございます』
(なまえ)
あなた
えっと 友達追加しましたがわかりますかね…
📱『ピコン』
(なまえ)
あなた
えっと
空劫
空劫
📱『おみゃ~誰だ?』
(なまえ)
あなた
📱『俺は山田一郎の妹のあなたです
中央区の方に頼まれてお迎えに上がりました』
空劫
空劫
📱『どこにいる?』
(なまえ)
あなた
📱『すぐ近くに居ます
紫のパーカーに白の帽子を被ってます』
空劫
空劫
あっ(爆音
十四
十四
どうしたんすか?
空劫
空劫
迎えに来てくれた奴を見つけた
十四
十四
やっと解放されるんすね
獄
すまねぇが道を開けてくれねぇか?
モブ えぇー
モブ もう少し見たかったなぁ~
モブ ならもう行こっか
モブ バイバイ~👋
十四
十四
👋
モブ バタッ
モブ えっ?大丈夫
モブ さすがの破壊力
空劫
空劫
おみゃ~か?
一郎の妹
(なまえ)
あなた
はい そうです
空劫さん 十四さん 獄さん
で間違いありませんよね?
獄
間違いねぇな
(なまえ)
あなた
それでは行きましょう
十四
十四
どこに行くんですか?
(なまえ)
あなた
シェアハウスです
あと敬語じゃ無くて良いですよ
十四
十四
はい!(優しくて綺麗な人だなぁ~





















終わり








主
短くてごめんね
十四
十四
謝るんだったらもっと書いて欲しいっす
主
ネタが無いから
十四
十四
…………おつ黒!
主
(逃げたな)
おつ黒
フォロー お気に入り ハート リクエスト 質問 よろしくお願いします