第68話

65% お初目にかかります
1,273
2023/05/23 06:21

_____________________


ushi
え、もう準備終わった感じ?
ky
あー....

チラッと横目で隣をみる。

てか、なんで本当に俺ん家にうっしーが来たのか

そこの疑問が拭いきれない俺は、直接本人に

聞こうとした。

その時

あなた
ちょーっと時間貰っていいですか?
あなた
ほんの5分くらい...😏
ushi
あー、
ushi
了解、外で待ってます 
ky
えっ ちょ、

バタン


振り返ったあなたの顔は、今までに見た事ないくらい

何かを企んでいる顔をしていた。

その表情にちょっと胸が踊ってしまった、なんて

口には絶対出せない。

何されんだ、俺

つかよく見たらあなたの顔...


あなた
////




え、ほんと何されちゃうんだ







おれ











「よし、キヨくん」


「...はい」




ぎゅっと俺の手を握ってからこう言った。















「鏡の前にれっつごー!!!!」














ky
か、鏡?




_____________________





実は昨日からこっそり準備をしてきていたんだ。






私の手には髪の毛が短い人用の細いヘアアイロン。

キヨくん家の洗面所は広いから、私が鞄から持ってきた

物たち諸々が十分に置けるスペースがあった。

男性用のヘアワックスにくしにオイルまで...

いやぁ、キヨくん絶対かっこいいと思うんだよね

頭の中で想像した姿になれますように。

ky
あ、もしかして髪の毛セットして
くれんの??
あなた
さすがキヨくん
あなた
察しが良いね
ky
えー彼女に髪の毛触られんのドキドキす
んだけど笑

とか言いながら、

さっきからめっちゃにやけながら笑ってる。

喜んでくれてるのかな


ky
目瞑った方がいい?
あなた
もうそれ目閉じてんじゃん笑
ky
笑笑
ky
だって嬉しいんだもん
あなた
笑笑
あなた
でも目つぶってても
あなた
途中で気づくかもなあ、
あなた
よいしょっ、
ky
っえ///無理無理無理...
あなた
ん?どした笑笑
ky
まじで....恥ずかしいからほんと
ky
え、俺似合わないって
ky
したことないって!!!!!恥ず!!
あなた
どーした急に笑笑

急に饒舌になったキヨくん、やっぱ感ずくよね

だって
あなた
おでこ始めてみた!!
ky
ハ"ハハッハハwwやめろその感想笑
ky
目、閉じてるからまだ何とかなってるけど
ky
鏡みたら俺倒れるかも
あなた
あーかっこよ過ぎて?
ky
ちげぇわ笑笑
あなた
www

とか言いながら初めよりテンション上がってる気が

する。

したことないんなら尚更やって良かった。



話しながら髪の毛をセットしていくと、あっという間に

あとちょっとのところまで来たみたいだった。

ほら。もうかっこいいのバレバレじゃん

隠しても無駄だぞキヨくん。
ky
ワックスあんの?
ky
俺の使う?
あなた
この日の為に買った
ky
用意周到過ぎだろ笑
ky
1回きりのために笑笑
あなた
ちょっと集中するから静かにして
ky
集中モード?
あなた
そう集中モード
ky
ん"んっ (咳払い)
ky
集"中モ"オォ↑ードッッ
あなた
....
あなた
( にやにや )
ky
ねぇ俺、今目の前何も見えないんだ
あなた
うん知ってる
ky
何かしら反応してくれないと
ky
恥ずかしすぎてもう目開けられない
あなた
大丈夫笑ってたからw
ky
なら良かった

はぁ、ふざけてるキヨくん横目に私は今、猛烈に

戦ってる。

何にって、この胸のドキドキにね?ドキドキという

か、きゅんきゅんというか、初めて恋愛した人

みたいな?

そんな感じ

自分の彼氏がイメチェンしたんだよ!!??








かっこよすぎだろこいつ、何、イケメン過ぎて

イライラしてきた






そりゃこうなる









あなた
////
あなた
じゃあ、いいよ?キヨくん
ky
はやっ
ky
え、開けるよ?
あなた
うん...///
あなた
どーぞ!!!!











ky
うわあぁ!!何これ
ky
分け目どーやったらこんな綺麗になんの
ky
え、すご
ky
.....
ky
すご
ky
..........

しばらく鏡の自分を眺めながら「...すご」を3回くらい

繰り返してる

思ってたより喜んでくれて良かったぁ。




と思っていたらキヨくんがくるっとこちらを

見つめていた。

数秒無言で見つめ合う2人。
ky
俺さ...
あなた
うん?
ky
似合ってる...かな?///

ん?何そんな当たり前の質問...

不安だったのかな

そんな不安に感じることなんてなんにもないのに。

あなた
似合ってるよ!!??
あなた
当たり前じゃん
あなた
似合いすぎてて困っちゃう
ky
ほんと!??

さっきの不安な表情とは打って変わって

子犬見たくはしゃぎ始めたキヨくんを見て胸を撫で下ろ

した。

ふぅ、準備も整ったことだし

ky
へへへ、俺センター分けいけたんだ
ky
すげぇ...
あなた
いくぞーキヨくーーーーん!!!
あなた
うっしーさんも待ってるからーーー




ky
案外有りか?この髪型も...
あなた
いつまで見てんだ笑笑
あなた
女子か
ky
くし持ったぁ?
あなた
トイレのかがみ前の女子か










_____________________




ushi
( もう20分経つけど... )
ushi
( あのキヨの顔見た感じ... )
ushi
.......
ushi
( やったなあいつ )






とんだ勘違いをしている牛沢に気付ことなく

扉が開く。

その後、彼も初めて見たその髪型に動揺を隠しきれず

いつもよりも目を合わせてしまったことには

言われてからはっとします。













ky
うっしーもしかして俺の事好きに
なった?笑
ushi
うーん、ちょっと惚れ直したくらいかも
ky
...きもwww
あなた
( 爆笑中 )








▶1900文字











どんだけ長引かせたら気が済む

プリ小説オーディオドラマ