無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

31
2019/06/19

第11話

10話
サナ
サナ
お姉ちゃん達仕事だから行って来るね
ミノリ
ミノリ
うん!行ってらっしゃい。仕事頑張ってね
TWICE
TWICE
いってきまーす
バタン(ドアが閉まった音)
ミノリ
ミノリ
( ´д`)💨はー本当にこの傷が一生残るのか何か泣けてきたな(泣)(泣)
 

ミノリ

朝起きたらやっぱり昨日の傷があって、その手を隠すように包帯で巻かれてある。夢じゃなかったて思い知らされる。本当は嫌だよう。お母さんからもらったこの体に傷を付けてしまって。(泣)それも酷い傷。『 この傷は一生残ります。 』って言われた時、ショックで泣きそうだった。でもサナ姉ぇ達に心配をかけたくなくて、我慢して平気なふりをした。もう泣いていいよね。
ミノリ
ミノリ
うわーん😭💦うわーん😭💦
ぽたぽたぽたぽた(泣いてる音)
 








その頃TWICE達は
ナヨン
ナヨン
ミノリ元気そうで良かったね!
TWICE
TWICE
うん、そうだね!(サナ以外)
サナ
サナ
(ミノリのあんな笑顔初めて見た。まるで泣くのを我慢して、笑おうとして、無理した顔)
ダヒョン
ねっ!サナオンニ
サナ
サナ
うん、そうだといいけど
ダヒョン
どうしたの?元気がないよ
サナ
サナ
実はミノリが無理して笑っていたような気がしたから。
ダヒョン
そうなんだ
ダヒョン
じゃあ家帰ってから聞こ
サナ
サナ
うん
 








ミノリ
ミノリ
ミノリ
はー散歩しに行こ
ガチャ(ドアを開く音)
ミノリ
ミノリ
外は気持ちな
ミノリ
ミノリ
そうだ!あそこに行こう。
  


目的地到着
ミノリ
ミノリ
ここ風が気持ちいんだよね
ミノリ
ミノリ
前に韓国来た時、にサナ姉ぇと一緒に気に入ったんだよね。
しばらくその場所にいた
ミノリ
ミノリ
あっ、もうそろそろ帰らなきゃ。皆が帰って来る。
ミノリ
ミノリ
急ご
しばらくして
ミノリ
ミノリ
あれ、ここどこ(汗)•́ε•̀٥
ミノリ
ミノリ
道が分かんない、どうしよ(泣)携帯も持ってきてないし、本当どうしよ。
皆さんミノリちゃんは極度の方向音痴です。
グク
ねねヒョン
テヒョン
何?グク
グク
あそこで女の子が『どうしよー』って言ってる。何か困ってるのかなー?
テヒョン
そうかもな。行くぞグク
グク
あっ、まってヒョン
ミノリの元へ走って行く2人
テヒョン
どうしたの?何か困った事があったの?
ミノリ
ミノリ
何で分かったんですか?
グク
まさか気づいてなかったの?『どうしよー』って言ってたから。
ミノリ
ミノリ
あっハイ。
テヒョン
で、どうしたの?
ミノリ
ミノリ
実は道に迷ってしまって。ここがどこか分からなくて。
グク
そうなんだぁ。それは困ったね。
テヒョン
家はどこら付近?
ミノリ
ミノリ
えっと○○の付近です。
グク
そうなんだ
テヒョン
じゃあここからは少し遠いね。
ミノリ
ミノリ
そうなんですか。
グク
案内してあげようか?
ミノリ
ミノリ
お願いします。そうじゃないとまた道に迷ってしまうので。
テヒョン
分かった。じゃあ行こう
ミノリ
ミノリ
あの名前聞いてもいいですか?
テヒョン
うん!いいよ👍
グク
俺はチョン・ジョングク
テヒョン
俺はキム テヒョン
グク
君の名前は?
ミノリ
ミノリ
私は湊崎みのりです。
グク
じゃあミノリだね
ミノリ
ミノリ
ハイ、グクさん、テヒョンさん
テヒョン
さん付けじゃあ無くてオッパ呼びな。
ミノリ
ミノリ
分かりました。テヒョンオッパー(笑顔)
テヒョン
ドキッ( 💓∀💓)➳♡゛
グク
ドキッ( 💓∀💓)➳♡゛
グク
(可愛い)
テヒョン
(可愛い)
ミノリ
ミノリ
2人達顔が赤いですよ。体調が悪いですか?
グク
大丈夫だよ。ミノリ、じゃあ行こっか
ミノリ
ミノリ
ハイ