無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
87
2021/09/29

第13話

12. irritated
_____________________________
ドギョム
ドギョム
おはようございまーす
スングァン
スングァン
お!ヒョン!来た?
ドギョム
ドギョム
スングァーンおはよー
ホシ
ホシ
ウジーーー
ウジ
ウジ
(-_-)
ホシ
ホシ
ヤハー
マネージャー
マネージャー
初日の変更点とかあるからここで固めるぞー
SEVENTEEN
SEVENTEEN
はーい
………………変更点を確認し、会場へ向かう
マネージャー
マネージャー
車乗ってー
エスクプス
エスクプス
ホシ何時から……

メンバーに話しかけに行くクプスヒョン



いつもなら目で追ってしまうのに、、

誰と何を話しているのか気になるのに、

この日は何故か、ただ、、嫌だった_____
マネージャー
マネージャー
みんな乗った?
ジョシュア
ジョシュア
クプスがまだ来てない
ドギョム
ドギョム
きたー
エスクプス
エスクプス
ごめん
マネージャー
マネージャー
はーい、行きますよー
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン、後ろ
エスクプス
エスクプス
うん


📱)ブー
エスクプス カトク
エスクプス カトク
ウジ
できれば今は話したくない
ウジ
ウジ
……
カトク ウジ
カトク ウジ
はい
エスクプス カトク
エスクプス カトク
ありがとな
同じ車両にいるのにメッセージが来たかと思えば急に感謝をされた
訳がわからず返信をせずにいると
エスクプス カトク
エスクプス カトク
ホシから聞いた
なんであいつ…
カトク ウジ
カトク ウジ
……そうですか
カトク ウジ
カトク ウジ
ヒョン寝てたから
返信がない
もう会話は終わったのだろうか


それとも__
カトク ウジ
カトク ウジ
謝らないでくださいよ
カトク ウジ
カトク ウジ
俺マネヒョンと電話したいんで
そう送って携帯を閉じた

謝って欲しくなんかない
なんとなくごめんと言われる気がしてそうメッセージを送った



……………………………………………………………

ソウル公演が無事に終わり、次の日本公演までは音楽番組とかが間に入る
マネージャー
マネージャー
明日は音楽番組とバラエティーがあるからなー
SEVENTEEN
SEVENTEEN
はーい
ウジ
ウジ
ドギョム、これからジム行くぞ
ドギョム
ドギョム
ヒョン、今練習終わったばかりじゃ、
:(;゙゚'ω゚'):
あの時からクプスヒョンとはあまり話せていない

普段からそんなに必要以上に話さないけど、なんとなく避けている、、
ウジ
ウジ
そう?まあいいけど
昨日夜食一緒に食べたから俺は行くけど
ドギョム
ドギョム
行きますよ〜(ToT)/~~~
スングァン
スングァン
(*≧∀≦*)
ドギョム
ドギョム
スングァン〜一緒に食べたよね〜
スングァン
スングァン
(´・_・`)
ホシ
ホシ
ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
ウジ
ウジ
ホシも
ホシ
ホシ
(~_~;)
ウォヌ
ウォヌ
ヒョン、ゲームしますか?
エスクプス
エスクプス
俺はいいや
ミンギュ
ミンギュ
僕やります!
マネージャー
マネージャー
少しは休んでくれ(ー ー;)
🚪)ガチャ
ドギョム
ドギョム
ヒョン、飲み物買ってから行きますねー
ウジ
ウジ
んー
スングァン
スングァン
お、僕も
ドギョム
ドギョム
あー、疲れたーー
スングァン
スングァン
なんで夜食なんて誘ったのー(´Д` )
ドギョム
ドギョム
違うよー( ´∀`)
スングァン
スングァン
違くn……
ホシ
ホシ
ウジ
ウジ
ウジ
ん?
ホシ
ホシ
ヒョンと……喧嘩でもした?
ウジ
ウジ
……
ウジ
ウジ
ヒョンて?
ホシ
ホシ
わかるでしょ
ウジ
ウジ
別に、喧嘩なんかしてない
ウジ
ウジ
…………
ウジ
ウジ
……喧嘩だったら、、よかったのに…
ホシ
ホシ
……?
ウジ
ウジ
俺が想いなんか伝えたら、きっと今までの関係は終わっちゃう…みんなで馬鹿みたいに笑って、たまに喧嘩して…けどいつの間にか元に戻ってる…そんな関係が終わっちゃuっ…
なんで、、こいつ
ウジ
ウジ
おまっっ、なにして
ホシ
ホシ
なに泣いてんの?
なんでこいつに抱きしめられてんだ

なんで俺は涙なんか流してるんだ
ホシ
ホシ
お前、俺が告白したの覚えてる?
俺の前で泣くなよ!
ウジ
ウジ
……!
ホシ
ホシ
…諦めねーって言ったの覚えてる?
そうだ、こいつは俺に告白してくれたんだ
たとえ届かなくても想いを伝えられたから後悔はないって
ウジ
ウジ
……誰か来るから…
ホシ
ホシ
なんでだよ
ホシ
ホシ
俺じゃダメなのかよ…
ウジ
ウジ
……!
ウジ
ウジ
…………

心臓の音がうるさい

___________________




ホシ
ホシ
………悪い
ホシ
ホシ
先行ってる
ホシは強く抱きしめていた腕を離し、顔を合わせずに外へ出て行ってしまった





心臓が普段より速く脈を打っている
ドギョム
ドギョム
あれ、ウジヒョン?
スングァン
スングァン
待っててくれたんですか?ホシヒョンは?
ウジ
ウジ
先行った
ドギョム
ドギョム
じゃあ行きましょうか(´Д` )








……………………………………………………
ドギョム
ドギョム
ヒョン!もう終わりましょ〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
スングァン
スングァン
ドギョムヒョンの太ももが限界です!帰りましょう!
ウジ
ウジ
俺はまだ足りないけど
ドギョム
ドギョム
Σ(゚д゚lll)
スングァン
スングァン
Σ(゚д゚lll)
📱)ブー
ウジ
ウジ
ん、俺か
ウジ
ウジ
ジョンハニヒョンから
ウジ
ウジ
ダンス見て欲しいから練習室きて欲しいって
ドギョム
ドギョム
あ、!ジョンハニヒョンから!ヒョン!行ってください!僕たちのことは気にせずどうぞ!
スングァン
スングァン
うんうん!
ウジ
ウジ
(¬_¬)
ホシ
ホシ
ダンスなら俺も行くよ
ウジ
ウジ
…うん
ホシ
ホシ
じゃあ、おつかれ〜
ドギョム
ドギョム
ε-(´∀`; )
スングァン
スングァン
おやすみなさーい
ウジ
ウジ
ホシ…
ホシ
ホシ
さっきはごめん、忘れて
ウジ
ウジ
え…
そういうとまた先へ歩いていってしまう
ホシはそれから練習室に着くまで話さなかった




_____________________________________