プリ小説

第13話

有岡君と私
あなた

いらっしゃいませ 

あなた

何名様でって…、

本当に来てくれたのですね

有岡大貴
有岡大貴
「あなた」来たよ

お話したいからおすすめのメニュー持ってきて
あなた

これが頼まれたオムライスとカフェオレです

有岡大貴
有岡大貴
ありがとう。いただきます
店員」休憩なさっていいですよ
あなた

あっ…はい。あなた休憩入りまーす

有岡大貴
有岡大貴
俺…怖い?かな…))
あなた

怖くないよ

ただ…男性恐怖症だったからなだけで…

有岡大貴
有岡大貴
少しは打ち解けてるみたいで嬉し俺
あなた

有岡さんはとても優しい方ですね

とても関わりやすいです

有岡大貴
有岡大貴
ありがとう

あのね話したい事があるのいい?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いのあり愛ing
いのあり愛ing
はじめまして。プリ画像もこの垢名でしてます 有岡大貴の也で伊野ちゃんのファンです。 初めて小説投稿するので暖かい目で読んで頂けると幸いです。