プリ小説

第39話

熱治ったみたいで
あれから一週間して大貴の熱は下がり回復した
あなた

相変わらず朝起きてくれない

同居してます(仮)
有岡大貴
有岡大貴
んー
でもこの言葉を言うと起きてくれるんだよ
あなた

もぉ
一生キスしてあげなぃ

有岡大貴
有岡大貴
やだっ。

ぎゅ。おはよ
有岡大貴
有岡大貴
ちゅ
あなた

朝から濃厚で

あなた

そんな時間ないよ早く行くよ

有岡大貴
有岡大貴
今日は休む
あなた

ジャー
一人でお留守番してね

学校に行き

2年の冬が終わろうとしてる頃
周りはクラス替えに不安らしい
あなた

私と大貴も…離れたら嫌だな…クラス

瞬
そんなこと言うなよ
あなた

おわっ

なんでいるんだよ

瞬
いていいだろー

同じクラスになれるってきっと
そんなこんなで2年の冬が終わった
だいぶはなしとびますね

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いのあり愛ing
いのあり愛ing
はじめまして。プリ画像もこの垢名でしてます 有岡大貴の也で伊野ちゃんのファンです。 初めて小説投稿するので暖かい目で読んで頂けると幸いです。