プリ小説

第7話

帰宅途中で…
あなた

(´Д`)ハァ…仕事終わったー

って待てよ…地味子じゃないからいいけれど…
 
あれ見間違いかな…?

あなた

二人…( ๑"・・)ヤバイ...

バレたらアウト…

ヘアピン消えたしよ…

有岡大貴
有岡大貴
どこ探しても「あなた」居なかったね
何も情報得なかったし
残念
伊野尾慧
伊野尾慧
まぁまぁ落ち着こ?
雨が降る日また来てくれると願うのみ
有岡大貴
有岡大貴
見かけない顔だけど…あの子に聞く価値あり  

あの…すいません。少しいいかな?

黒縁メガネで三つ編みの女の子見てない?
あなた

いや…そんな子みてないですね

すいません。

声掛けらた…バレルかな…))

有岡大貴
有岡大貴
そうですか…ありがとう
伊野尾慧
伊野尾慧
知らないでしょ…?流石に
知ってたら困らないわ
有岡大貴
有岡大貴
可愛い感じの子だったね
伊野尾慧
伊野尾慧
目移り早くない?
それなら「あなた」貰う
有岡大貴
有岡大貴
違うし!
僕は純粋に「あなた」が好きだもん!  
伊野尾慧
伊野尾慧
大ちゃん((耳元

このこで試してみようよ?
有岡大貴
有岡大貴
えっ…試すって?
伊野尾慧
伊野尾慧
このこがそうかもしれないよ?
有岡大貴
有岡大貴
OK
有岡大貴
有岡大貴
昨晩泊めて上げた女の子がねヘヤピン落としててね…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いのあり愛ing
いのあり愛ing
はじめまして。プリ画像もこの垢名でしてます 有岡大貴の也で伊野ちゃんのファンです。 初めて小説投稿するので暖かい目で読んで頂けると幸いです。