無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

そのあと





1時間後。




私と望は、、早めの夕食をとっていた。











ピロン♪
7男 のぞむ
 あ、ニッシーや… 
7男 のぞむ
 東川おらんから、引っ張りだこやなw 
末っ子 あなた
 …ぅん、
7男 のぞむ
 …食欲ないん? 
末っ子 あなた
 …ぅん、




普通に接してくれる望が、



不憫に思えて仕方なかった。





7男 のぞむ
 俺なら大丈夫やから… 
末っ子 あなた
 …ぅん、
7男 のぞむ
 ごめんな~ 
男って下半身で生きとるからな~




なんて言ってるけど…



末っ子 あなた
 …… 下半身って…  
、、、使わなかったくせに…
7男 のぞむ
 ははっw 俺体力ないな?w 
7男 のぞむ
 もっと鍛えんとな~w 
末っ子 あなた
 …大丈夫なの? 






確かに、望のモノはビンビンにおっきくなっていたのに…
























_______





7男 のぞむ
 もう… 泣かんといてや… 




望の指で私がイった後、


優しいキスをくれた望は泣きそうな震えた声で、そう言った。





7男 のぞむ
 大丈夫やで?、、せーへんから…
末っ子 あなた
 …… ぇ…? 





次の刺激に備えて、構えていた私の体は、



フワフワとした感覚から放たれなかったから…





末っ子 あなた
 シない、、の…? 
7男 のぞむ
 ふっ、シない、 
7男 のぞむ
 後悔しそうで、、怖いし… 
7男 のぞむ
 もう十分や、




ドシッ… とソファーに座り直した望は、



前かがみに膝の間へと視線を落としていて…










セツナくて…



苦しくて…








末っ子 あなた
 ごめんね… 




そんな望を…



ギュッ!!!



と、力強く抱きしめた…







7男 のぞむ
 ありがとう… 優しい妹やな… 


























_______









7男 のぞむ
 大丈夫やないって言うたら 
困るのあなたやで?
末っ子 あなた
 ッ、そうだけど… 
7男 のぞむ
 ふふっw ちゃんと食べなさい! 
7男 のぞむ
 これ以上痩せたら、
オトンが化けて出てきそうやわw
末っ子 あなた
 …いつも望だけだね、気づくの、
7男 のぞむ
 あなたのカラダ、めっちゃ見とるからなw 
末っ子 あなた
   ッ!! 、、 えっち!  
7男 のぞむ
 男なんやから、しゃーないやん! 
末っ子 あなた
  シなかったくせに…   ボソッと
7男 のぞむ
 はぁ~ん?? 
末っ子 あなた
 ふふっw ご飯粒ついてるしw 
7男 のぞむ
 え、どこ? 
末っ子 あなた
 ここ、




私は、望の ほっぺの ご飯粒を取って、


望に渡そうとした、





末っ子 あなた
 はい、
7男 のぞむ
 なんでなん!そこは!
あなたが食べて、俺が照れる場面やろッ!
末っ子 あなた
 ふふっ、
妹に憧れ押し付けないの!w
7男 のぞむ
 妹やない! 
末っ子 あなた
 妹です! 
7男 のぞむ
 ふたりの時くらい ええやん! 
末っ子 あなた
 ヤダ! のん兄ちゃん♡ 
7男 のぞむ
 ふはぁっ、可愛ええなw 
末っ子 あなた
 チョロw 
7男 のぞむ
 そーいう事 言うなや! 
7男 のぞむ
 ふっ、可愛ええから許すけど、
末っ子 あなた
  ふふっw 




諦めたのかな…?



いや、飽きられたのかも知れない…







望は、どこか吹っ切れたように、



私に優しくしてくれた。

















なんだか…




そんな望が、たくましくて…



























カッコよく見えた…