無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

怒られるの?





滝沢さんに呼ばれた私たちは、マネージャーも立ち会わない状況で、




今どきのオシャレ事務所の片隅にある、社長室で待ちぼうけしていた。









愛薇
 この部屋 懐かしいw 
柚夏
 私も~♡ ユニットデビュー 
告げられたのここだったぁ~w
愛薇
 あなたは、少クラだったね! 
末っ子 あなた
 そうそう!あの後、愛薇ちゃんの 
楽屋に飛び込んでって、騒いだねww
愛薇
 そぉだ! セクゾ     ウチ の楽屋に 
どんどん人が押し寄せてきてさぁ~w
愛薇
 あなた、み~んなにハグされて… 
愛薇
 あなたは、たくさんの人から 
愛されてるんだなぁ~って感じたよw
末っ子 あなた
 みんなの妹だったもんね~w 
末っ子 あなた
 てか、親戚のオジサンたちが 
喜んでくれた感覚だったよw
柚夏
 へぇ~♡ 愛され、いいですね! 
末っ子 あなた
 柚夏だって、かなり愛され 
ユニットデビューしてたよぉ?w
柚夏
 そ、そんなことぉ~//ww 
柚夏
 それに、
ホントのデビューじゃないし~







ガチャっ!








滝沢くん
「 おまたせぇ~ ごめんね~ 」






それまで、わいのわいのと話していた私たちだったけど…




滝沢くんが、私たちの向かいのソファーに座ると、緊張が隠せなかった。






滝沢くん
「 どした?堅くなって? 」





愛薇
 え、だって… ねぇ? 
末っ子 あなた
 あ、ぅ、ぅん… そりゃぁ、ねぇ? 
柚夏
 ぅん… ねぇ? 



滝沢くん
「 は? 」
「 いまどきの子の会話には、ついて行かれないなw 」








そう言って微笑む滝沢くんは、



これから私たちを叱るようには思えなかった。








えっ… 私たち、、、悪いことしたんじゃないの??







愛薇
 あの… 話しって…? 





滝沢くん
「 あぁ、、あのな?」






























滝沢くんは、少しの間を置いて言った…































































滝沢くん


「 君たち3人のユニットが決まったんだ! 」









愛薇
 は? 
末っ子 あなた
 えっ? 
柚夏
 ひょえっ? 














滝沢くん


「 ジャニーズ初の、女性ユニットだっ!!! 」













































女子3人


「「「 えぇぇぇぇぇーーーーーっ!!! 」」」
























えっ… でもでも…









WEST、、、は… ??












WESTは、どうなっちゃうのぉ💦💦💦💦💦💦💦