無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

もうひとつの過去






その後もドラマやインタビュー撮影があり、




私は、みんなとは別に帰った…





















恐らく…








今夜…







西川マネが、みんなに報告するであろう…







私が家を出たことを…






































_______



末っ子 あなた
 それにしても、今日の子可愛かった~ 
末っ子 あなた
 私の方が癒されたw 
東川 マネージャー
 あなたにベッタリだったねw 
東川 マネージャー
 やっぱ男の子は、
ママを求めてるのかもね~w
末っ子 あなた
 そうなのかな… 





新居への帰り道、今日の事を話しながら、




私は、お兄達のコトを考えた…









お兄達の本当のママって…





どんな人なんだろう…










































_______







新居は、事務所で働いてる人達が、社員寮みたいに利用しているマンションだった。








れん
 あなた… ちゃん…? 
末っ子 あなた
 っ、、れん… くん… 
れん
 どうしたん、えらい荷物やん? 
泊まるの?
末っ子 あなた
 う、、うん… 
末っ子 あなた
 廉くんこそ… 
れん
 あぁ、
マネージャーのとこ来てたんよ、
末っ子 あなた
 そ、そうなんだ… 
れん
 …おん、
れん
 ?? あなた、ちゃん…? 
、、大丈夫?
末っ子 あなた
 ぅ、うん… 大丈夫… 
東川 マネージャー
 あ、廉くんじゃないですか~! 
東川 マネージャー
 おはようございます、
れん
 お、おはよう、ございます… 





それは、マンションのロビーで、鍵を調達してきた東川マネと待ち合わせしてた時だった。





東川 マネージャー
 どうか… されました? 
れん
 いや… 別になんも、
東川 マネージャー
 そうですか、では私たちはこれで、
東川 マネージャー
 あ、赤井さんによろしく 
伝えといてください!
れん
 分かりました… 
東川 マネージャー
 では、失礼します! 
東川 マネージャー
 行こうか?! 
末っ子 あなた
 うん… 
末っ子 あなた
 あ、じゃぁね… 
れん
 おん、、またな… 
末っ子 あなた
 っ、、えっ//? 
れん
 っ、えっ//? 
末っ子 あなた
 また… って… 
れん
 あ、や、そういう意味やなくて… 
末っ子 あなた
 … そう、、だよね…// 
、、なんかごめん…///
れん
 お、おん… 
末っ子 あなた
 じゃぁ… ね… 
れん
 おん… 






なんだか気まづくなってしまった私は、



小走りで、東川マネの後を追って、



エレベーターホールへのセキュリティドアを潜った…





れん
 待って! 
















その声に、、、






振り向いてしまった…






















れん
 連絡… 
末っ子 あなた
  っ、、 
れん
 連絡… しても、ええ…? 















連絡は…






もう取らないって、、、約束したのに…


















末っ子 あなた
 えっと… 















迷うなんて…





















私って…






なんて女なんだろう…
















末っ子 あなた
 …仕事の、、コト、なら… 
れん
 そう、よな… 
れん
 分かった… ごめんな… 
末っ子 あなた
 ううん、ごめんなさい… 



















廉…





私たちの関係は…

















最悪のまま。


















永遠に、、、変わらない。