無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第106話

生歌番





不安でいっぱいだ。








なぜなら、、、今日は生放送の歌番組。







鏡の中で笑う私は、アイドルらしからぬ笑顔しかできていなかった。






どうしよう…






私のファンなら伝わっちゃう…







心配されちゃう…
























そんな、洗面台の鏡を覗き込んでる私の隣に、



大毅がきて…







4男 だいき
 分かった!こうしててやる! 






いきなりだった!



大毅の場合、これが通常なんだけど…💦







末っ子 あなた
 いたいからぁ~ 
4男 だいき
 このまんまステージ行けばええやんw 







後ろから私の両ほっぺを摘んでる大毅は、



鏡越しに私に話しかけると、



いつもの あの無邪気なスマイルを見せた。














飴と鞭。









末っ子 あなた
 ヤダぁ~ 歌えないぃっ! 
4男 だいき
 大丈夫や、
あなたのパートも俺が歌うし!w
末っ子 あなた
 … 大毅、、マイク持てないよ? 
4男 だいき
 やべっ、ほなさぁほなさぁ! 
あなたが ふたつ持ってや!
末っ子 あなた
 え、歌えないのに?w 
4男 だいき
 あほっ!ひとつは俺に向けんねん! 
4男 だいき
 二人羽織みたいにやんねんw 
末っ子 あなた
 羽織ってないし…w 
4男 だいき
 屁理屈ばっかり、うっさいなぁ! 






大毅の手が離れると、



私の両ほっぺは、そこだけ赤くなっていた。







末っ子 あなた
 あぁー!ちょ、赤くなっちゃったぁ! 
末っ子 あなた
 もぉ!大毅のばかっ! 







"あっちいって"と、大毅を押し返しても、




ぐわんっ… って大きく揺れるだけで戻ってきた…






4男 だいき
 天は二物を与えたなぁ~ 
末っ子 あなた
 は? 
4男 だいき
 やって、俺の笑顔は 
こんなにもキラッキラやのに、
4男 だいき
 あなたの笑顔は、輝いとらんもん、
末っ子 あなた
 っ、、うっさい! 
4男 だいき
 あ~ほっ、
末っ子 あなた
 っ、、、
4男 だいき
 妹が辛い時は、お兄を利用せぇや、
4男 だいき
 7人もおるんやで? 























,






















末っ子 あなた
    、、、だって…   
4男 だいき
 ほな俺 誓うわ、
末っ子 あなた
 、、誓う…? 
4男 だいき
 おん、
末っ子 あなた
 え、なにを? 






























4男 だいき
 あなたが、笑顔になれるコトだけする、













,
























4男 だいき
 もう、、悲しませない、
4男 だいき
 妹を、
全力でバックアップしてくから、
4男 だいき
 せやから… 




















































































4男 だいき
 俺の恋は、、、終わりや… 














俯く大毅は、、1回だけ "へへっ"っと、





力なく笑った。




















いつだって大毅はそうだ…




負った傷を、隠そうとする…











キラッキラの笑顔が、



想いとは相反して、隠してしまうようにも思えた。














そんな大毅だから…




やっぱりセンターなんだな…










セツナくも、そう思った。















末っ子 あなた
 二物なんて… 無いくせに… 

















































末っ子 あなた
 強がらせちゃって… 
末っ子 あなた
 ごめんね… 
末っ子 あなた
  ありがとッ… ッ……  









涙まで溢れ出してしまった、



アイドルらしからぬ私は…
















末っ子 あなた
 ッ///   
4男 だいき
 ごめん、、最後やから… 
















大毅に、










強く、









強く…




















抱きしめられた…