無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第109話

密室





ガチャっ!!!🗝







末っ子 あなた
 ッ!!! 






楽屋の鍵を閉めた廉くんは振り返り…







れん
 キンプリ初のスキャンダルか… 






と、ゆっくり近づいてきて、






れん
 ふっ… ええかもなw  
末っ子 あなた
  っ、、 







"ふっ…"っと、鼻で冷ややかに笑う廉くん。






どういう心境なのか、、全く解らなかった…








だから…









末っ子 あなた
 … 廉くん、、こ、こわぃょ…  





無意識に一歩…


後ずさりしながら言う…






れん
 へ?? 
れん
  、、あ~ ごめっ、 
れん
 怖がらせたいワケじゃないねんけど…w 
末っ子 あなた
 じゃぁ、なに…? 
末っ子 あなた
 どうして鍵を…? 
末っ子 あなた
 キンプリの他の みんなは? 
れん
 だからぁ~ スキャンダル? 
れん
 狙おう思うて~w 
末っ子 あなた
  、、、は? 






その時…








末っ子 あなた
 っ/// 、、 ンッ、、ンンっ///   






ガッ!っと 後頭部にまで回った廉くんの掌と、



腰に回った反対の掌が、私の動きを封じる!







末っ子 あなた
 ンッ // 、、 れんくっ、ヤッ、、///  
れん
 ボディーガードから格上げ、
れん
 彼氏にな、
末っ子 あなた
 ッ/// 、、 なに言ってんのッ//  





廉くんの胸元を強く押しても、




廉くんの唇は離れてはくれず…











クチュっ… クチュっ…










何度も襲いかかる度に、楽屋中に響き渡るリップ音に、




頭の中が、掻き乱されていく…








末っ子 あなた
 ンハァっ// 、、れ、んく… 









押しても負けてしまうチカラに…











負けてしまったのだろうか…













自分が解らない…













強引にされてるのに…














本当は…











































嫌じゃないなんて…











れん
 大丈夫や、
れん
 カッコ かり やから、
末っ子 あなた
   … え、  
れん
 彼氏(仮)やから、
末っ子 あなた
  、、かり…? 
れん
 でも、スキャンダル狙うなら、
キスくらいはさせてもらうで?
末っ子 あなた
 っ、、意味がわからないって///  
れん
 ええの、、俺に任せて? 
れん
 絶対!
悪いようにはせんから、








その綺麗な顔で、、、そんな事…










言わないでよ…
























末っ子 あなた
  …… 分かった、 







ほら、、、








流されちゃった…💦

























れん
 ふっw  、、かわいっw 
末っ子 あなた
  ッ///   



























チュっ… クチュっ…