無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

笑顔は恋の落とし穴?



ひとり撮影…。









カメラマンさん
「 あなたちゃん、硬い硬い~ 」



末っ子 あなた
 すみませんっ、 



カメラマンさん
「 じゃ、一旦休憩入れよ? 」


アシスタントさん
「 はい、休憩入りま〜す!」







末っ子 あなた
 はぁ… 
またやっちゃった…
西川マネ
 あなた、気持ち切り替えて来い、 
末っ子 あなた
 はい… 





誰が見ても落胆してるのが分かるほど、





私は落ち込んでいた。







私がそんな状況だってのに…



一旦、楽屋へ戻ると、



いつものように、ワチャワチャしてる兄たち。






やっぱ、ほか行こっ…



そう思って、後ずさりしながら、開けた扉を締めようとした時、






4男 だいき
 あ、! あなたやぁ! 
4男 だいき
 ナニナニナニナニッ!!! 
なして何も無かったように、
ドア閉めんねんっ!?ww
4男 だいき
 いま あからさまに、オレらのコト、
避けたくなっとったやろ?ww
4男 だいき
 なぁ?せやろ?、なぁ?ww 




ニヤニヤしながら、私の腕をつかみ、



私は大毅に、強引に楽屋へと連れ戻された。








こんな風に、ほっといて欲しい時こそ、絡んでくる大毅。




相手の気持ちを、分かってるのか分かってないのか、、、




分からん。




そういう能力の持ち主だ。








フテクサレた顔をしながら、大毅に引っ張られ、ソファーに座らされる。



目の前のテーブルには、ジェンガとオセロがのっていて、



大毅と照史と流星と望は、4人でジェンガをしていたようだ。






せっかく盛り上がってたところに、今の私が入ったら、絶対 場の空気 悪くなるよ…




6男 りゅーせー
 あなたきた!、 
んじゃぁ、俺と同じチームな?
7男 のぞむ
 へっ?あなたは俺のチームやろ! 
7男 のぞむ
 俺のあなたなんやからぁっ! 
6男 りゅーせー
 何言うてんっ、
お前のこと、キモイ言うとったやんww
7男 のぞむ
 ハッ!、 それ… 
思い出さんようにしとったのにぃ~
6男 りゅーせー
 ふふっw 俺の勝ちやなww 
7男 のぞむ
 むぅ〜ッ!!! あきとぉ〜っ、 
食ってんで援護してやぁ〜ッ!
3男 あきと
 ŧ‹"ŧ‹"(o'u'o)ŧ‹"ŧ‹"♡ 
7男 のぞむ
 って、無視ッッッ!!! 
7男 のぞむ
 てか、あきとッッ! 
食ってるのジェンガやからっ!
3男 あきと
 あ、ホンマや!
1番上にのせなアカンやつや…
3男 あきと
 ちゃうわッ!ハッピーターンやっ!w 




いっつもこんな会話です。




あきれるほど、こんな会話です、、、












ワチャワチャの中を、こっそり すり抜けようとした時、




7男 のぞむ
 あなた、どこ行くんっ! 
末っ子 あなた
 と、い、れ、 



呼び止められそうになり、見え見えのウソで すり抜けた。










と、思ったのに…








バタンっ…







楽屋から数歩 歩いた時、扉が閉まる音の次に聞こえた、






4男 だいき
 あなたは悪い子やなぁ〜w 



振り向くと、頭をクシャクシャっとされた!


末っ子 あなた
 ッッ! やめてっ、悪い子ってなにッ? 



ぷくっと膨れて、大毅を睨んだ!



4男 だいき
 ふふっw おこちゃまw 
末っ子 あなた
 なっ! 大毅にだけは言われたくないッ! 
4男 だいき
 トイレ、そっちやないやんw 
末っ子 あなた
 ッッッ!!! 
4男 だいき
 ウソつくの、ヘったくそぉ〜w 
末っ子 あなた
 ウルッ!サイッ!、、着いてこないでッ! 
4男 だいき
 妹が落ち込んでるなら、
元気付けるのがお兄の役目やろ~っ!





ッッッ!!!






その言葉に、私の胸が握りつぶされる感じで、






足が止まった。





末っ子 あなた
 大毅は… 妹だと思ってるの? 
4男 だいき
 っ、まぁ… 
血の繋がりはないかも知れんけどな…
4男 だいき
 あなたを可愛ええと思うことに、 
4男 だいき
 なんも変わりはないで? 
末っ子 あなた
 じゃぁ… このままで… いられる? 
4男 だいき
 ふふっw 
そんな事、心配しとったんかぁ〜
末っ子 あなた
 だってッ… 
4男 だいき
 大丈夫や、 
 





大毅は、たくさんある歯をキランッ✨とさせながら、





笑顔で、私を抱きしめた。






4男 だいき
 アホあなたw 
末っ子 あなた
 ごぉめん〜ッ//  









ポロッと落ちた頬の涙が、



大きくて深い懐の、大毅の衣装に触れていた。







































_______




アシスタントさん
「 すみません、コンセプト変更です! 」
「 あなたさん。えっと… 大毅さんとペアでいきます! 」


















突然の変更。



きっと、私のせいだ…




















▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬



ひろでぇーす(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ"




アンケートにはもう、コメしてくれたかな?




まだまだ、受付中だよっ((੭ ᐕ)੭




hiro🌙🌙