無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

リトライ

______ 。










長男 じゅんた
 今日、、廉に言われた… 
長男 じゅんた
 こんな危ないのに、
あなたを家から出すなんて、って…
末っ子 あなた
 そっか… だからボディーガードする 
なんて言い出したんだ…
長男 じゅんた
 廉が言うたん? 
末っ子 あなた
 うん… 
長男 じゅんた
 下心やなw 
末っ子 あなた
 っ、、






そうだとしても…






私は嬉しかった。














また仲良くなれたんだもんw











末っ子 あなた
 もう そんな感じじゃないよ~w 
長男 じゅんた
 そうやろか? 
末っ子 あなた
 心配なだけでしょ? 
お兄がひとり増えた~みたいなねw
長男 じゅんた
 でも、廉はちゃうで、
末っ子 あなた
 えっ? 



















_______





れん
 なんで… あなたを手放したんすかっ、
長男 じゅんた
 えっ… 
れん
 淳太くんの気持ちって、
そんなもんやったん、
れん
 それっぽっちの気持ちに、俺は… 






























れん
 俺らは別れさせられたんすか… 
れん
 ほんま情けないですよ、
長男 じゅんた
 廉… 
れん
 今度こそ俺は、、
手を引きませんから、
れん
 絶対 俺が!
あなたを幸せにしますから、




_______















長男 じゅんた
 俺やって… 
手放したくは無かったよ…
長男 じゅんた
 でも、、、
自分の醜さに幻滅してもうたわ、
末っ子 あなた
 …そんなコト、
長男 じゅんた
 ずっと… あなたの気持ちよりも、
自分を優先してきたんや、

















































長男 じゅんた
 サキさんに… 会いたくて… 
長男 じゅんた
 その面影ばかりを、、求めてもうた… 













ねぇ… ママ…









どうしたらいいの…?











私… 淳太の側に居てあげたい…










だって… こんな弱ってる淳太…










見てられない…









私なら…




幸せにしてあげられる。









そうでしょ…?













































_______





3男 あきと
 おっ!お帰り~ 
ちゃんと話せたか?
末っ子 あなた
 話したよ… 
3男 あきと
 え、なんで あなたまで沈んでんねん、
末っ子 あなた
 だって… 色々とね… 
3男 あきと
 もしかして…
会見のコト聞いたんか?
末っ子 あなた
 えっ…? 
いや、違うけど…
3男 あきと
 へ、ちゃうんか! 
あ~ 、聞かんかったコトにして!
末っ子 あなた
 … みんな、、知ってるの…? 
3男 あきと
 えっ…? 
末っ子 あなた
 会見のコト、
3男 あきと
 や、まだ知らんと思う、
マネージャーから伝えるって
言われとるから、
3男 あきと
 え、あなたは知ってんの? 
末っ子 あなた
 ぅぅん… 内容は… 
3男 あきと
 そっか… 
末っ子 あなた
 うん… 
末っ子 あなた
 ふっ、、なんか怖いな、
3男 あきと
 せやな… 
3男 あきと
 大丈夫や! 
3男 あきと
 あなたは俺らの可愛えぇ~かわえぇ~ 
3男 あきと
 いもうとっ! 
3男 あきと
 少なくとも俺は、、
そう、腹を ククったから!
末っ子 あなた
 、、??、、ぅ、ぅん… 
3男 あきと
 だぁ~いじょぉ~ぶやってぇ~! 
3男 あきと
 あなたは、大船に乗ったつもりで 
"ででぇ~ん!"と、
構えとったらええねん!
末っ子 あなた
 ぅん、、ふふっ、ありがとうw  







会見の内容は まだ分からないけど…




私には、お兄たちが ついてるんだ!











照史の言葉と場の雰囲気に流された私は、




前向きに進もうとしていた。