無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

智洋の部屋で ⅳ
5男 ともひろ
 すき、だよ… 







ずるい…















その智洋の一言だけで…



私の全ての世界が変わるっていうのに…


































5男 ともひろ
 俺との約束… 覚えとる? 
末っ子 あなた
     、、  ぇっ…?     








動きを失った私のカラダは…








覗き込む智洋の瞳から、まるで魔法でも注がれているかのように、



視線を交わせないでいた…











そんな見つめる私を"ふっ"っと笑うと、



"あのな…"と、照れ隠しの様に、



呆気なく視線を外し、話を続けた…










5男 ともひろ
 あのな、あなたが5歳…  
くらいやったかなぁ、、
5男 ともひろ
 おっきな満月の日に、
"綺麗やね~"って見とったらな、


_______



5歳 末っ子 あなた
 智兄ちゃん?
お月様には うさぎさんいるの?
5男 ともひろ
 おるよぉ!
あっこに影 映っとるやろ?
5歳 末っ子 あなた
 えっ! あれ… 
うさぎさん… なの…?




私は、大きな月に映し出された うさぎのような模様を見て、



巨大なうさぎが居るんだって、妄想したらしく…




5男 ともひろ
 ん?どないしたん? 




怖くなって、智兄ちゃんの背中にしがみついて、顔を填めた…



5歳 末っ子 あなた
 おっきい うさぎさんイヤや… 
5男 ともひろ
 ふふっ、大丈夫やって! 
5男 ともひろ
 あの うさぎさんは、
大きくても優しいんやで?
5歳 末っ子 あなた
 、、優しい… の? 
5男 ともひろ
 おん!俺くらい優しいで? 
5男 ともひろ
 それに、、ふわっふわや! 
5歳 末っ子 あなた
 えっ、じゃあ、会いたい! 
5男 ともひろ
 ふふっ、会いたいかぁ~ 
5男 ともひろ
 それは壮大な旅行になるな~w 
5男 ともひろ
 一生に1度の
スペクタクルミッションや!
5歳 末っ子 あなた
 行きたい行きた~い! 
5歳 末っ子 あなた
 智兄ちゃん!一緒にいこっ! 
5男 ともひろ
 おん!ええよ! 
5歳 末っ子 あなた
 ねぇ、智兄ちゃん? 
そういう旅行、
なんて言うか知ってる?
5男 ともひろ
 え、なになに? 
5歳 末っ子 あなた
 ふふっw 
しんこんりょこーって言うんだって!
5男 ともひろ
 っ// 、、 そ、そうなのっ//? 
5歳 末っ子 あなた
 うん!パパに聞いたの! 
5歳 末っ子 あなた
 だから、一緒に行こうね!
しんこんりょこー!
5男 ともひろ
 あ~ 、、おん、せやな! 
5歳 末っ子 あなた
 ふわっふわのおっきい うさぎさん、
早く会いたい!!!



_______








5男 ともひろ
 忘れてるか… 
末っ子 あなた
 ごめん… なさい… 
5男 ともひろ
 謝ることやないよ~ 
5男 ともひろ
 でも、、、月旅行なんて、
叶えてあげられないけど…
5男 ともひろ
 その約束に、ウソはなかった…







側で聞こえる智洋の声が、弱々しくなっていくと、



不安になる…













諦めなければいけない現実が…




また一歩、、、近づく感覚だった…












5男 ともひろ
 ごめんな… 
5男 ともひろ
 もっと… ずっと側にいて、、
守ってやりたかったのに…














































5男 ともひろ
 、、許して…や?……ッ… 










泣いている智洋…







妹 想いの兄…







そういう意味での"好きだよ"だったなんて、









ずっと解っていたコト…



























けど…































嘘つき…

















末っ子 あなた
   、、  許して… 、、あげる…     





























,



































末っ子 あなた
 私も… 










































末っ子 あなた
 智兄のこと… 好きだから… 


















智洋の部屋を、、飛び出した…