無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

仮お見舞い






ピロン♪



東川 マネージャー
{ どうして崇裕をよこした? }
末っ子 あなた
{ 私の代わりにお見舞いです }
末っ子 あなた
 { 今夜、行けなくてゴメンなさい }
末っ子 あなた
{ 私のせいなのに }
東川 マネージャー
{ だからって本日 二度目の崇裕? }
末っ子 あなた
{ 暇だからw }
東川 マネージャー
{ そんな訳ないでしょ~ }
末っ子 あなた
{ 嫌だった?}
東川 マネージャー
{ 嬉しかったw }
末っ子 あなた
{ お!素直w }
東川 マネージャー
{ 崇裕、優しかったから }
東川 マネージャー
{ あなたの代わりだからだって }
末っ子 あなた
{ それは良かった!}
末っ子 あなた
{ 毎日 崇裕に行ってもらおうかなw }
東川 マネージャー
{ なんか、宣言してたw }
東川 マネージャー
 { 毎日来てくれる宣言だってw }
末っ子 あなた
{ あらら、のろけw }
東川 マネージャー
{ 違うよ!}
末っ子 あなた
{ そぉかな?}
東川 マネージャー
 { あくまでも あなたの代理!}
末っ子 あなた
{ そう? }
末っ子 あなた
{ そのうち私も行きたいな~ }
東川 マネージャー
{ ダブルブッキングw }
末っ子 あなた
{ あぁー!じゃぁ、やめる!}
東川 マネージャー
{ 嘘嘘嘘嘘!}
東川 マネージャー
{ あなたの顔見たい!}
末っ子 あなた
{ 私も }
末っ子 あなた
{ 会いたい }
東川 マネージャー
{ 仕事 頑張りなよ?}
末っ子 あなた
{ うん!}
末っ子 あなた
{ 私には、それしか出来ないし!}
末っ子 あなた
 { ありがとう }
東川 マネージャー
{ いーえ、こちらこそ ありがとう!! }
末っ子 あなた
{ おやすみなさい♡ }
東川 マネージャー
{ はい、おやすみ }
東川 マネージャー
{ いい夢みろよっ! }
末っ子 あなた
{ お前もなw }





私たちの中の定番の締めゼリフで、



メールを終わらせた。







東川さんが若い頃に好きだった人がやってたんだってw




でも、このお約束芸は私たちWEST関係者だけの内緒なんだ~w








ホントしょーもない、ただこれだけのやり取りだけど…





私は、、、ただそれだけの事で、自分の居場所を感じてる。









たぶん…






私、、過保護に育てられてきたんだよ…






皆んな優しくしてくれる。

































でも…



このままで、イイわけが無いんだ…

































_______






6男 りゅーせー
  あなた?
末っ子 あなた
 ん、? 
6男 りゅーせー
 望をフったって、ホンマ? 
末っ子 あなた
 ングッッ!!  
6男 りゅーせー
 あ~ぁw こぼしたw 
6男 りゅーせー
 まぁえっかw 





深夜。



屋上のテラスにあるジャグジーを、ブクブクさせながら、足だけを浸からせていた私。






ジャグジー内の照明に照らされ、足でピチャピチャ音を立てたりして…



ひとり優雅に、缶のお酒を呑んでいた。












のに…



そこへ現れた流星…








末っ子 あなた
 もぉ、こぼれたぁ~ 
6男 りゅーせー
 俺のせいやないやろ~w 





流星は、ジャグジーの縁に座ると、



ジャグジーの中へと脚を入れた…






6男 りゅーせー
 あったか~いっ、
末っ子 あなた
 気持ちいいでしょ? 
6男 りゅーせー
  おん、
6男 りゅーせー
 浸からんの? 
末っ子 あなた
 水着じゃないし、
6男 りゅーせー
 あなたが浸かってると 
思って来たのに~
末っ子 あなた
 残念でした~w 




「 ふふっ 」って、鼻にかけた笑い方をする流星が、


大人っぽくも、子供っぽくも見えた。





末っ子 あなた
 望には… 飽きられたみたいw 
6男 りゅーせー
 えっ? 
末っ子 あなた
 フったわけでも、
フられたわけでもない、
6男 りゅーせー
 大人に解決したんや? 
末っ子 あなた
 う~ん 、、 
そぉ、なの、、かな?
末っ子 あなた
 分かんない… 











なんだろう…









望とは、友達に戻った感じなのかな…?