無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

少クラ






スタッフさん
「 WESTさん、板付きからでお願いします! 」











今日はナント!!!








少クラッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!








久しぶりすぎて、みんなのテンションッッッ!!!





7男 のぞむ
 やっほい♪ やっほい♪  
やっほい♪ やっほい♪
次男 たかひろ
 上がってんなぁ~w 
6男 りゅーせー
 通路 迷子なりそw 
3男 あきと
 忘れすぎやw  
4男 だいき
 ぎょぇ〜〜っ! 広ッ!! 
ステージこんなやったっけぇ??
5男 ともひろ
 なんか他所に来たみたいやわ、 
長男 じゅんた
 やべ、緊張してきたww 







通路からステージへの道のり。






私たちは、各々 感じたことを言葉にしながら、











照明に照らされた、少クラの舞台に立った。





























































末っ子 あなた
  、、ただいま…   






まだ誰もいない客席を見渡しながら そう呟くと…










「 おかえり! 」










イヤモニから聞こえた声。








マイクを通してなかった私の呟きが聞こえたのか…










スタッフさんの その一言は、、とても暖かかった…















末っ子 あなた
 もぉ~//  
3男 あきと
 泣かすなやぁ~ グスンッ! 





泣きそうな私を遮った照史を見て、





長男 じゅんた
 お前 弱すぎやねんw 
6男 りゅーせー
 ふふっw 照史らしいなw 
次男 たかひろ
 人情に弱いw 






私たちは、笑い合った。







末っ子 あなた
 ありがとっ! 
ただいま!少クラぁーッ!!!














この舞台は…



私が初めて、、Jr としてテレビに出た場所。















そして…
















_______




その日は、



お兄たちのバックで踊りながらも、



女の子ってだけで、注目されていた私は…







バックで踊ってるだけなのに、視線が痛くて…



今みたいに泣きそうだった💦








長男 じゅんた
 あなたっ! 




曲の間奏、


私は、キラキラとアイドルスマイルを放った じゅん兄に手招きされた!




末っ子 あなた
 ッ! はいっ! 



淳太の隣に並んだ私に、カメラが向いたのが分かった!


長男 じゅんた
 俺たちの可愛い妹、あなたです! 
長男 じゅんた
 WESTの紅一点として、
デビューが決まりましたぁ!!
末っ子 あなた
 ッッッ!!!!  
末っ子 あなた
 えッ 、、 ほんまぁッ?? 
長男 じゅんた
 ほんまほんまっ! 
長男 じゅんた
 はい、一言ッ! 
末っ子 あなた
  えっ、、や、、//   フルフルッ、、
末っ子 あなた
 ぅわぁぁ~~~んッッ!!! 
4男 だいき
 ああ~!! 泣かせたぁ~!! 
7男 のぞむ
 あなた~泣かんでええよぉ♡ 
6男 りゅーせー
  淳太が悪いよなぁ?w  ナデナデ
5男 ともひろ
 可愛ええ顔が台無しやで?w 
次男 たかひろ
 まぁ、泣いとっても可愛ええけどなw 
3男 あきと
 ほなら、WEST FLASH! やぁ!!! 






お兄たちは、私を囲んで、


8人で、ギュッ~っとした!!!ww


























いつでも、、、愛されてきた…
























最初から…


















きっと、、、最後まで…