無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

パジャマで撮影ⅱ





私…


変なコト、、、言っちゃったかな…?







智洋が、どうして見つめているのか、分からない…



けど…



視線…



逸らしたくない…











カメラマンさん
「 いいね… 手繋いでみて~ 」









5男 ともひろ
  …ん、




手のひらを上に差し出す智洋…



私は、、その手のひらに自分のを重ねた…







また一段とライトが落ちる…






月の薄明かりに照らされ、浮かび上がったシルエット…







カメラマンさん
「 はい、オッケーッ! 」






その言葉で、はっ! っと我に戻り、



智洋の手のひらから、自分の手をサッと引き離した!











5男 ともひろ
 …お疲れ様でした、
末っ子 あなた
 お、お疲れ様、、でした… 





ボソっ…と呟くように、私の顔も見ないで智洋は去って行った…






なんだったんだろう…






でも、危なかった💦





智洋の瞳に、吸い込まれていく様だった…





なのに… あの態度…





思わせぶりって程ではないけど。








私はモンモンとしていた。













スタッフさん
「 次は… 崇裕さん・流星さん・あなたさんで! 」

「 簡単です! ベッド争奪ジャンケンです!」








その通り、








次男 たかひろ
 ジャカジャカジャンケン! 
いっくよぉ~っ!
6男 りゅーせー
イェ~イっ!!! 
末っ子 あなた
 せぇ~のっ! 


「 「 「 ジャカジャカジャンっ × 2 ジャカジャカジャカジャカジャンっ、イェイ!、」 」 」

「 「 「 ジャカジャカジャンっ × 2 ジャカジャカジャカジャカジャンケンポンっ!!! 」 」 」




末っ子 あなた
 やったぁ~!! 
6男 りゅーせー
 あなた~1回で勝ったらアカンてぇ~ 
次男 たかひろ
 撮れ高 考えんとぉ~ 
末っ子 あなた
 や、ジャンケンだから、
6男 りゅーせー
 最初っからパーはダメよぉ~ 
6男 りゅーせー
 グーかチョキやわ、
次男 たかひろ
 え、そんな決まりあんの? 
6男 りゅーせー
 や、、ないww 
末っ子 あなた
 ないんかい!w 
末っ子 あなた
 暗黙の了解があるのかと思ったやん! 



カメラマンさん
「 はい、オッケーです! 」


次男 たかひろ
 えぇぇぇーーーーっ!! 
早ないっすかぁ?



カメラマンさん
「 めっちゃ楽しそうにジャカジャカしてたんで、イイの撮れてるよ!👍 」




6男 りゅーせー
 そっか、、
んじゃ、お疲れ様でぇーす、
次男 たかひろ
 ん、お疲れ様でした~! 





スタッフさん
「 では最後… 」



7男 のぞむ
 待ってましたぁ~!! 
7男 のぞむ
 で、お題は なんすか? 




スタッフさん
「 こっそり抜け出して… 」





7男 のぞむ
 え、え、// 、、 抜け出して…? 



スタッフさん
「 はい! 皆んなに内緒でイチャイチャです!」


7男 のぞむ
 キタァーーーっ!!! 
7男 のぞむ
 はい!はよやろっ! 
末っ子 あなた
 ちょ、待ってください! 
イチャイチャって…//



カメラマンさん
「 大丈夫!兄妹なんだから、やらしくならないよ!👍 」









この人、👍で何でも解決しちゃう人だ…



オワタ…















7男 のぞむ
 あなた~♡ おいでっ♡ 
末っ子 あなた
 ッ/// 、何言ってんのよ! 




カメラマンさん
「 おっ、それイイネ~ 膝の上に座ろうか!」




7男 のぞむ
 ほらみせぇ~ ここに来なさいっ、




スタイリストさん
「 あなたさん 直します!」





えっ、どうして…?





スタイリストさんは私の前まで来ると…









おもむろにパーカのジッパーを下げ…












全開にした!!!









末っ子 あなた
 ッ// 、、 こ、これでやるんですか? 


スタイリストさん
「 あなたさん、くびれが綺麗なんで… 」
「 イチャイチャなら、これくらいが素敵です!」


「 はい、お待たせしました~!」









その声に観念し、振り返ると…













照れた望が、、、ニヤついた💦