無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

流星との関係






はぁぁ〜っ…




大人になると、嘘が増える…














6男 りゅーせー
  あなた?
末っ子 あなた
   ん?   
6男 りゅーせー
 ひとりで、寂しないか? 
末っ子 あなた
  うん… まぁ、、ね…  
末っ子 あなた
 パパが用意してくれてた 
部屋なんだけどね…
末っ子 あなた
 お兄たちと皆んなで住める広さw  
6男 りゅーせー
 そんなやの?w 
末っ子 あなた
 ふふっw 
パパ… 何考えてたんだろうねw
末っ子 あなた
 会いたいなぁ~ 
末っ子 あなた
 パパに抱きしめてもらいたい… 
末っ子 あなた
 1番のお薬だったから~w 





屋外での収録の合間。





側の公園で休憩していた時だった。






階段に腰掛けて、スポンサーさんから差し入れられたドリンクを飲みながら、



私は、遠くの方でキャハキャハとはしゃいでいる子供を、なんとなく眺めていた。








末っ子 あなた
 ねぇ~見てよ、
私の膝めっちゃ汚れてるぅ~
末っ子 あなた
 この、まっ白の作業着w 
末っ子 あなた
 作業着が白って… 
どういうことよぉ~w







私がひとりでごちゃごちゃ言ってると…







6男 りゅーせー
 こないださ… 





そこまで言って止まる流星。



遠くの子どもを寂しそうな目で、見ていた。







末っ子 あなた
   、、どうかしたの?  
6男 りゅーせー
  俺の、、オカン…  
6男 りゅーせー
  病気で死んだんやて…  
末っ子 あなた
  えっ…  
6男 りゅーせー
 悲しない?それだけやで? 
6男 りゅーせー
 ただ死んだって報告だけ… 










急に…




流星とは、、、血が繋がっていないんだということだけが、私の中に充満していった。









今まで、、、お兄たちの実の親が存在するなんて、考えないで生きてきたから。










末っ子 あなた
 りゅ…せ… 、、大丈夫…? 
6男 りゅーせー
 ふふっ… 大丈夫やないよ…  
6男 りゅーせー
 あなた… 側に居らんし… 
末っ子 あなた
 … ごめ、ん、








腑に落ちてはいなかったけど、


ごめんと返した。










6男 りゅーせー
 つくづく思ったわ、
















































6男 りゅーせー
 あなたが好き。 













なんの照れもないんだね…







真っ直ぐな流星が、、、羨ましい…


















羨ましい…












それだけ…



















末っ子 あなた
 … ごめん、
























家を出て、これだけは決心した。


























お兄たちには、嘘はつかない。
















6男 りゅーせー
 はっきり… 断んなよ… 
6男 りゅーせー
 少しは、、、
慰めてくれるんじゃないかって…
6男 りゅーせー
 俺の幼稚な考えが、
アホみたいやんw
末っ子 あなた
 だって流星、アホやん、
6男 りゅーせー
 だからはっきり言わんといて~w 
末っ子 あなた
 でも、、幼稚じゃないね、
末っ子 あなた
 やっぱり大人。










傷ついてるのに…





その場の空気、和ませてくれた。











流星のそういう、おおらかな余裕があるところ…











大好きだよっ…




























末っ子 あなた
 WEST皆んなで、乗り越えていこう! 
6男 りゅーせー
 せやなっ! いつまでも 
失恋引きずってられへんしな?
末っ子 あなた
 え、そっちぃ??w 
6男 りゅーせー
 当たり前やろぉ! 
そっちの傷の方が、よっぽど深いわw
末っ子 あなた
 ふふっ、はいはいw  
末っ子 あなた
 ほら呼ばれてる!次いくよ~! 
6男 りゅーせー
 やだ~ 起こして~ 
末っ子 あなた
 もぉ! りゅう兄大きいんやから~ 





差し出された手を握り、流星が立ち上がれるように、力いっぱいひっぱった!






6男 りゅーせー
 ぅわおっ!!  
末っ子 あなた
 ッ// 、、 きゃっ//  







勢いで私に抱きついた流星は…





耳元で囁いた…









6男 りゅーせー
 がんばれよ… 
末っ子 あなた
  っ、、 流星…  
6男 りゅーせー
 ふふっ、、ほら行くで~ 






私の手を取り、歩き出した流星は…







幼い頃みたいに、、はぐれないように…




きつく… きつく…











手を引いてくれた…










































7男 のぞむ
 ちょ!なんで手繋いどんね~んッ!!  
6男 りゅーせー
 うっせぇー! 
6男 りゅーせー
 仲直りしたからや! 
末っ子 あなた
 えっ…とぉ… 仲直り?? 









って…



天然くんはワケわからんな…ww


















でも… ありがとう♡