無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

結局 非公開





あれから、、、時間も遅くなったので、



私たちは解散した…








結局…




好きな人の話は、濁してしまった…








智洋が結婚する事も、私の口から報告するのは違うし…



末っ子 あなた
 まぁ、、そのうち分かるから… 






って感じにね…










愛薇ちゃんだけだったら…


もっと赤裸々に言えてたかもな…









でも帰りに言われた柚夏の言葉…








柚夏
 大ちゃん… きっと あなたちゃんに 
甘えたくて待ってるよ?
末っ子 あなた
 っ、、て言われても… 
愛薇
 柚夏は、なんでそんな西畑を推すの? 
柚夏
 う~ん?、、なんか… 
、、、運命なきがして…//
愛薇
 ふふっw
なんで柚夏が運命感じてるの?w
柚夏
 だって、愛薇さまがジャニーズの 
男子と付き合った事ないんなら、
あなたちゃんと大ちゃんだけでしょ?
柚夏
 ジャニーズ内で恋愛したの、
愛薇
 あ~ 、BL 抜きならねw 
柚夏
 ッ// 、 びっ、びーえるっ/// 
末っ子 あなた
 あっ、愛薇ちゃんっ!! 
それは… 無いって思いたい…
愛薇
 あはっw ふたりとも、
かなりのウブちゃんだね~w






運命か…







復縁するには、、いい流れかもな…







でも、流星の気持ち考えたら…







できない…































































_______








家に着くと、わずかにリビングからテレビの音が聞こえた…








3男 あきと
 お、あなた お帰りぃ~ 
末っ子 あなた
 うん、ただいま… 
末っ子 あなた
 珍しいね?
ひとりリビングでテレビなんて、
3男 あきと
 あなた待っとった、
末っ子 あなた
 えっ… どして? 
3男 あきと
 そんな構えんなや~w 
3男 あきと
 こっちきて? 
末っ子 あなた
 、、ぅん… 





照史が座るソファーの隣に座る…






なんとなく、、怖かった…







照史だって、私を好きだと言ってくれた ひとりだから…










最近は全く、その素振りすら見せないけど…



て言うか、他の人の推しに、存在感薄れてる感じかも…






末っ子 あなた
 、、なに? 
3男 あきと
 エロい、
末っ子 あなた
 っ、はぁ? 
3男 あきと
 家ん中で 着崩すなや~ 
3男 あきと
 肩とか出てもうてるやん、
末っ子 あなた
 肩くらい… 
3男 あきと
 こんだけ狙われとるのに、
末っ子 あなた
 なら、見なきゃイイでしょっ! 
3男 あきと
 見るやろ!好きなんやから! 
末っ子 あなた
 ッ///  
3男 あきと
 なんで流星にしたん? 
末っ子 あなた
 っ、、 いきなり、だね… 
3男 あきと
 好きやの? 
末っ子 あなた
 っ、、 すき… かもね… 
3男 あきと
 なんや!
そこはキッパリ言うてもらわんと!
末っ子 あなた
 、、ぅ、うん… 
3男 あきと
 シたんやろ?好きやから! 
末っ子 あなた
  えっと… シたのか…  
、、分からんの…
3男 あきと
 やっぱりや… 
末っ子 あなた
 えっ…? やっぱりって… 

















照史は、明らかに呆れた様子で、



ため息とともに俯いた…







なんだか…


その姿は、いつもの照史よりも、小さく見えて…







以前の私だったら、、、抱きしめていた…














" あき兄… 大丈夫だよ… "


" 私が側にいるから… "










そんな風に、、、声を掛けて…