第18話

歯医者
170
2023/10/21 05:00
へっへーん!今度は私の勝利だね!
6番目
うっ……もうすぐ勝てそうだったのにぃ……
あっはは!あと1マスだったもんね〜!
6番目
う……なんか悔しい
もう1回やる?
6番目
うん!やる!!
早いことにもう一回目が終わったようで、二人とも二回目を開始するじゅんびをしていた。
といっても薄くなってしまった線を引き直したり、最初の場所に戻ったりしただけなのだが…
じゃ、もっかい始めるよ!ぐーりーk
医者
あぁ、そんなとこにいたのか。6番目
花の言葉を遮るようにして医者が現れ、話し始めた。
6番目は医者が急に出てきて話しかけてきたのでものすごく驚いた顔をしていたが、
花は自分の言葉を遮られたせいか、驚かされたせいか、キリッと医者を鋭く睨んでいた。
医者
悪いけど、今手が空いたから君だけで健康診断しようかと思ったんだけど……今いいかい?
6番目
えっ、お兄ちゃん達は?
医者
あぁ、二人なら寝てしまったからね。今のうちにと思ったんだけど
6番目
……
どうや健康診断に行くみたいだが今から遊ぼうとしていたときだったし、一人の場合だったら『はい行きますよ』ってな感じですぐ行けるのだが……

今は二人で遊んでいたのだ。
一応相手に許可は取らないといけないと6番目は思い花に行っていいか視線を送った。
あー、行ってきていいよ〜。また後でもし遊べるとしたらまた遊ぼ!!
どうやら伝わったらしく、花はまた明るい笑顔に戻って6番目に言った。

6番目はまた遊ぼうねと言われて安心したのか、パァッと明るい笑顔になって医者の後について行った。
ん〜タイミング悪いなぁ……いやちょうど終わったタイミングだからどっちかと言うと良い方?
それにしても……花…かぁ!あの子、めちゃくちゃいい名前つけてくれたじゃん!!
6番目が去った後一人青空を見上げながらそうやって独り言をつぶやいた。

なんだか大きな声で独り言をつぶやくあたり一人になってもこの子、不思議ちゃんこと花は騒々しい子供だなぁと思わされる。
その頃医者に連れ去られた6番目はと言うと…
医者
じゃ、口開けて。そのまま開けといてよ。歯見えなくなるから
ただいま歯医者さんに連行中らしいです(?)
医者
……あ、もう六歳臼歯生えたんだ。歯は…うん綺麗だね
六歳臼歯ってかなり懐かしく感じる…というか存在自体忘れている方も多いのではなかろうか。
医者
ただもうすぐ前歯とか生え変わると思うから、そこだけかな
因みに6番目が喋っていないのは口をずっと開けているからであって実際は滅茶苦茶喋っていたと思う。
医者
はい、じゃあもう終わりかな。もう帰っていいよ
6番目
…え?もっと他にやるんじゃないの?もう帰っていいの?
案外あっさりと終わったため6番目も予想外だったのだろう。
目を点にして医者に聞いている。
医者
そうだね。君のお兄さんも風邪ひいてるし、時間もないし…あ、別にもっとやりたいなら昼食の後にいくらでも時間取れるけど…やりたいのかい?
6番目
や、やりたくない…!
医者
はは、そうだろう?ほら、もう終わったから帰っていいよ
6番目
はーい









……あ、帰ってきた
6番目
意外と早く終わったんだ!
あっはは!それは良かったね!
と、言いたいとこだけどそろそろお昼の時間じゃない?w
6番目
えっ
ほら、時計みてみたらわかるけど…もう12時5分前だよ?
6番目
…え?
窓からちらりと室内を除くとギリギリ時計が見えた。
確かに花の言う通り時計は12時5分前を指していた。

一気に時間進みすぎだと思う方もいるかもしれないがグリコでマスを描きすぎたのと、2人ともグーばかりで勝っていたので中々進まないわでかなり時間を食ってしまったのだ。
6番目
や、やばいじゃん!もう帰って靴片付けないと時間、間に合わないよ!?
あっはは!ほら急げ急げ〜!
6番目
あーやばい…急がなきゃ……また午後来るね花ちゃん!じゃあ!
いってらっしゃーい!またね〜w
なんともまぁ嵐みたいな子だ。

急いで靴を脱いで玄関に向かっていった。大きな足音が聞こえてきたあたり全力ダッシュだったからだ。

ここが学校だったら説教コース確定。
生徒指導の先生に捕まって休み時間が削られるのはあるあるだ。
ん〜…元気だなぁw相変わらず…かなw
はい!短いって?知りませんキリが良かったんです許してください
今回はまぁやっぱり平和会ですね……まあ平和会じゃないのをいい加減投稿しろと思われそうですが…
さて、今回は6番目が歯医者(?)に行ったところで終わりましたね!
次回は少し時間が経ったあたりから始まります!
というのもそうしないと全くお話を作れないからです終わったね

プリ小説オーディオドラマ