第19話

お兄ちゃんと一緒の外遊び
133
2023/11/09 07:30
とまぁこんな感じにワチャワチャとした孤児院ライフを送ってきた。
まぁほとんどが5番目、花、医者の3人としかつるんでこなかった訳だが…

幸いにも6番目が体調を崩すことはなく、手伝いや遊び、勉強や昼寝など自由気ままに過ごしていた
そんな生活をして早いこと1ヶ月経つ。
だいぶ孤児院にも慣れてきた頃のお話だ。
6番目
ん〜…暇!!お医者さん!暇!
医者
えぇ……そう言われても…
6番目
何かない?
医者
ん〜……そうだなぁ…あ、今日でここに来てちょうど1ヶ月だったっけ?
6番目
多分そう!
医者
だったらいいや。ちょっと5番目連れてこっちおいで
6番目
お兄ちゃん連れてくの?
医者
そうだね、呼んできて
6番目
わかった!!
何をするのか知らないが何となく暇つぶしになると思ったのか6番目は素直にリビングの方まで行って本を読んでる5番目に後ろから話しかけていた
6番目
おにーちゃん!!
5番目
うおっ…どうしたんだ?
6番目
こっちきて!!こっち!
5番目
ちょ、おい待て…本置いてから行くから引っ張るな!服が伸びるって!!
6番目
ほらはーやーく!
5番目
待てって…何をそんな急いでるんだよお前は!?
6番目
ん〜…わかんない!とりあえずはーやーく!
5番目
わかった!わかったから袖を離せ!歩きづらい!
……仲がとてもよろしいこって。
医者
お、連れてきたかい?
6番目
うん!引っ張ってきた!
5番目
引っ張られた
医者
ははは、仲がいいね。で、本題だけど…これ、
医者が持っていたのはどこから出てきたか分からない白い箱がふたつ積んであった。
箱は新品のようで真っ白。汚れひとつもない綺麗な箱だ
5番目
え、なんだこれ…?
6番目
くれるの?
医者
あぁ。気になるなら開けてみるといいよ。
6番目
ここで開けてもいい?
医者
もちろん
5番目
……うお、何だこれ
6番目
僕紙がでてきた〜!
5番目
あー…その紙どかしてみろ、本題はそっちっぽいぞ
6番目
……わ!
白い箱をパカッと開けると白い包装用紙が出てきたためそれもどかすと中から現れたのは青と黒を貴重としたスニーカーだ。
6番目
すにーかー…?だ!すごい!
医者
今まで履いていたものが小さくて靴擦れしてたからね、靴を買ったんだけど場所が場所で搬送に手間取ってね、1ヶ月経ったけど改めておめでとうってことで
5番目
これ、ほんとにいいのか?というかなんで靴擦れしてること知って…
医者
じゃなきゃあげないさwというか君ら室内じゃスリッパ履かないでしょ
5番目
あ、そうじゃん
6番目
すごいすごい!なんかカミナリみたいなマーク付いてるよお兄ちゃん!
5番目
お、ほんとだ…良かったな
6番目
うん!お医者さんありがとう!
5番目
あ、そうだお礼言ってねえ…医者、ありがと
医者
どういたしまして。とりあえずその靴しまってきな
6番目
うん!
……と、医者に言われたのでこれまた素直に2人は靴を大事そうに抱えて玄関まで歩いていった。丁寧に元々履いていた靴が置かれていた場所はもう何も無かったように空になっており元々履いていた靴もどこか別のところに行ってしまっていた。
5番目
もう捨てられたのか?
6番目
もう昨日までの靴ないもんね
5番目
まぁでも…新しいの貰ったしな、いっか。
6番目
この靴いいよね!なんかかっこいい!
5番目
ははwそれはよかったな
6番目
ね!お兄ちゃん!せっかくだからこれでお外で遊ぼ!
5番目
お、分かった。じゃ先に行っておいてくれ。本だけ片付けに行ってくるから
6番目
あれ、お兄ちゃん片付けてなかったの?
5番目
お前が早く早くって引っ張ったから机に置きっぱだよ!
6番目
あれそうだっけ。
6番目
とりあえず先行っとくからちゃんと来てね!絶対だよ!!
5番目
だからすぐ行くって!お前も先に何やるか考えといたらどうだ?
6番目
あいいね!そうする!!
玄関まで来てあと片付けるだけとなったが急遽遊びシフトチェンジ。6番目は靴を抱えて外まで全力ダッシュしていった。
数分後5番目が外に出てきた。かなり眩しかったので目細めながら入ってきたが次第に慣れていったらしく普通に目を開けていた。
6番目
やっときた!
5番目
やっとって言うほどでもないだろー?
6番目
んー…僕にとっては長かった!
5番目
そうなのか……あ、そういえばさっき医者が今1番目が体調崩してるから、あんまり大声ではしゃぎすぎないようにだって。
6番目
最近体調悪そうだよね、大丈夫かなぁ?
5番目
まー…多分もうすぐケロッとして帰ってくんじゃねえの?
6番目
あー…1番目のお兄ちゃんならありそう!!
とんでもない偏見だが確かにあの子ならすぐ戻ってきてギャーギャー暴れてそうな雰囲気ではある。
6番目
……あれ、なんの話ししてたっけ
5番目
あー…あんまり騒ぎすぎるなよって話しか…遊ぶよって話か?
6番目
あ、そうそれ!何して遊ぶ!?
5番目
あ俺が決めるの?じゃあ…せっかくだし鬼ごっこでもやるか
このせっかくだし。という言葉は恐らくせっかく新しい靴を貰ったんだから走る関連にでもするかということなのだろう。以前の靴はサイズ的な問題ですぐ靴擦れしてしまい走ることが不可能でここ1ヶ月6番目も実は裸足で花と話しに外に来ていたことがあるくらいだ
6番目
鬼ごっこ!やる!!!
さすが食い付きの早い6番目。言葉の通り即答。声も相まって凄まじい勢いだ
5番目
じゃ、最初俺鬼やるから、適当にそこら走り回ってくれ
6番目
わかった!ちゃんと10秒待ってね!
5番目
わかってるってwんじゃ、よーいスタート
1、2と数を数えていく。六番目はだーっととりあえず奥の方まで一気に走っていった。
5番目は目を瞑って小さく数字を声に出して数を数える。
5番目
9…10!
最後の言葉は大きく発したと同時に瞑っていた両目を開ける。すぐさま6番目を視界に捉えたようで全力ダッシュで追いかけに行く。


6番目もそれに気づき少し近づいてきたところで小さくかがんでから方向転換して逃げた。
おっ、鬼ごっこかぁ!お互いまだ動きが可愛いなぁ…
さて、花はというと二人が見えないような場所からちらりと覗き込んでしみじみとしたように喋っている。
お、5番目が手伸ばして……お、ぎりぎり捕まった!次は6番目が鬼かな〜?
と、こんな感じにニヤニヤと眺めていたため6番目に花の場所がバレ小さく手を振られたのはまた別の話。
6番目
……お、お兄ちゃん、ちょっときゅ、きゅうけい……
5番目
さすがに……疲れたな、休憩な、しの…全力鬼ごっこだもんな
6番目
きゅ、きゅうけーい!
お互い息を切らしながら話し、6番目は芝生にうつ伏せで寝転んだ。
草が顔に少し当たってくすぐったそうにしてる。

5番目は流石にうつぶせではなかったものの仰向けで6番目同様寝転んだ。
6番目
あー……暑い
5番目
まだ残暑厳しいし、しゃーなしだな
6番目
そっかぁ…
6番目
どうやったら涼しくなるの?
5番目
え?あー…日陰に行ったり水飲んだりか?
6番目
日陰に行けば涼しくなるの?
5番目
あー、まぁマシにはなるぞ
6番目
じゃあ僕そっちで休憩しよっかなぁ
5番目
ん、行ってらっしゃい
6番目
はーい!
と、言いながら日陰になってそうなところを探して建物のすみっこのせまい日陰に入っていた。
まだ小さい体なので日陰に入れたため芝生に寝転がっていた。

涼しいのかは知らないが本人がいいらしいのでいいだろう
6番目
あーーーーー……すず…しい?
6番目
そんな変わらない…
今の時期はそんなもんだよー!
6番目
おわぁ!?
どこからともなくひょっこりと現れたと思ったらすぐ近くで大声で話し出すためかなりビビった。
反射的に悲鳴のような声を出してしまったが仕方がない、怖いもんは怖い
6番目
きゅ、急に現れないでよ!?というかどっから来たの?!
え?ふつーに上から…
6番目
上からって何?!
柵の上だよ〜
6番目
え凄いこれトゲトゲしてるよ?
あそっか、コツ掴めば行けるよ
笑顔で親指を立てて話したが有刺鉄線の上に乗るなんて余程の身体能力がないと出来ないが…コツ掴めば行けるってコツ掴んでもこの高さの柵はとてもじゃないが10歳程の子供には登れないぞどうしたら登れるんだ身体能力高すぎだろ
6番目
コツ掴めばいける?…どうやったらいけるのこれ…
少なくとも僕は無理だなぁ……
行けるってほら!
6番目
行けないよ!!
花は脳筋という説が立てられそうだが子供ながらの無邪気さというものだろうそうだろう
頑張れば行けるって…!
6番目
無理だよ〜…もう僕そろそろお兄ちゃんのとこ帰るからね!
あ、りょうかーい。いつか登れるようになるといいね〜!
6番目
だから登れないって!
6番目
おにいちゃーん!
5番目
…ん?どうしたんだ?
6番目
もう休憩終わったからまた鬼ごっこしよー!!
5番目
…あぁ、鬼ごっこだけどな、今日はもう遊べないって
6番目
え?遊べないの…?
5番目はいつもより真剣そうな顔をして6番目と向き合っている。
6番目は遊べないことにショックを受けたのか少しシンミリとした、悲しそうな顔をしている
5番目
あぁ…そうっぽいな、さっき姉貴…2番目がもう遊ぶのはよしなさいって
6番目
そっか…明日は遊べる?
5番目
運が良ければ…?
6番目
ほんと!?じゃあまた明日あそぼーね!
5番目が2番目のことを姉貴と言ったことに衝撃を受けた。
なんせ5番目はどちらかと言うと6番目のようにすぐ仲良くなれる性格ではなく、ましてや姉貴という姉を呼称する呼び方で言っているのだからこれまた驚いた。



話がズレたが6番目は楽観的すぎる…とは思わないだろうか。
5番目の真剣そうな顔に気づかないほどの鈍感なのか…。
というより2番目がなぜ遊びをやめろと言ったのか疑問を持たないのか…本当にこの子は分からない…
はいはいはいお久しぶりです!約15日、半月投稿してなかったわけですが…
これにはその辺にある水溜まりよりあっさーい訳があってですね、
行き詰まっていた訳でも無く投稿を忘れていました!
もうほんっっとにごめんなさいm(._.)m🙏

もう見ないうちに3000人の閲覧数が着いており驚きました…



さて、謝罪はこの辺りにしておいて今回は不思議会でしたね色んな意味で
花の運動神経と6番目の呑気っぷりが強調されたかいなのではないでしょうか!






次回はすこーし物語に動きがあるかもしれません
投稿サボらないよう善処します☀︎

プリ小説オーディオドラマ