無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

げーむのじかん。









『……ぱっぱらぱーーーん!!!!!!!!!パーンッ』










佐藤「クラッカーなんでどこから出てきたのっ…!」











『お部屋にあった』












中島「で。どうされましたかお姫様。」












『マ〇オカート持ってきたから。』











菊池「おぉ。」











『あとこっちは……笑 いっか。男の子がやるゲームじゃないね。』












松島「なにそれ。」












『……恋する乙女のお話』











マリ「え!見たーい!!!」












『……やだ。』











中島「…バシッ……えっと〜…? 恋愛勝負 〜 貴方と結ばれるのは 〜 だって。」











『……だってさぁ!やってみたらさぁ!意外とさぁ!楽しかったんだもん……』









中島「かーわい。笑」









菊池「それ俺主人公で始めよ」









『普通私が主人公。』









菊池「違う。俺だから。お前散々やっただろ」









『まだ途中だもん』









菊池「じゃあ俺お前のデータで途中から進めるから」









『なんで。やだ。』









マリ「喧嘩しちゃだめだよ!!」









菊池「『マリウス / まりちゃは関係ない!!!』」









マリ「……そちゃーん!!!」









松島「あーも。笑 はいはい。笑」









中島「喧嘩すんならもうそれやんない。

マ〇オにする。」









菊池「『やだ!!』」









中島「次やだって言ったらちゅーすんぞ」









菊池「『……』」









中島「いやねぇそんな嫌そうな顔しないで?笑」









『絶対負けないもん……チビロゼで勝つもん』









菊池「俺チビマリで勝つから?」









中島「俺チビ姫で勝つから?」









『チビ姫3人いるけど誰。』









中島「ピーチに決まってんだろがあぁ!!!愛しのhoney!!!」









『……負けたらジュース奢りね』










佐藤「……マリと聡は寝たし…俺一人ぼっちじゃんか」









『しょーり。後ろからギューしてて。』









佐藤「パァッ……いいよ!!!!!」









ふまけん「…俺も一人ぼっちになればよかった!!」