無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

探検






松島「ここの階段を上がって目の前の扉が勝利の部屋!」







『あ。勝利って書いてある。』





マリ「そ!でその隣が聡ちゃん!!」




松島「で俺の隣がマリウス!!」





『りょーかい!!』







マリ「でーこの階段を上がったら〜?!」





松島「健人くんの部屋ー!!!」





マリ「それで健人くんの隣のお部屋があなたちゃんかな!」





『おぉ!ここかー!』






松島「で。あなたの隣の部屋が風磨くんね!!!」





『はーい!!』






マリ「それでここにトイレあるからね!!」




マリ「あれだよ!ちゃんと女の子も使えるようになってる!」



『うん。笑 ありがとー。笑』





松島「それで1階に戻ってー。」






マリ「ここがリビングね!!」






松島「それでここが俺がいつも料理してるキッチン!!」






『聡ちゃん料理できるんだ!!すごーい!!!』






松島「へへっ、笑」






マリ「ここがお風呂ね〜!それで洗面台!!」






松島「それでトイレがここ!!」





『おっけ!ありがとー!!!!』
中島「ちゃんと説明したー?」






松島「うん!!!」






『あ。そうだ!ちゃっと待っててー!』




マリ「なになに〜!?♡」





『はいこれ!!えっとね…イメージカラーであげよっと。』






『みどりは……聡ちゃん!!』




松島「ありがとぉ!!!!」




『オレンジはマリちゃん!』




マリ「WOW!!Thank you!」




『赤は勝利くん!』



佐藤「ありがとー!」




『……紫はふうま。』



菊池「ん。さんきゅ。」





『はい!青は健人くん!!』





中島「ありがと姫〜♡♡」






松島「可愛い!コップだ!!!」




『見てー私ピンクなんだー!笑』




マリ「ピンク似合う!!!」




中島「ピンクとか……乙女〜……♡」







まぁひとまず仲良くなれて良かった!!