無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

34.
みんなお酒を飲んで賑やかになって
明日早い人たちは帰ったりしていって…
気づいたら01:30だった
Lena
あ、やばもう01:30じゃん
白濱亜嵐
白濱亜嵐
電車、あるかな?
晴美ちゃん
晴美ちゃん
確かに…
白濱亜嵐
白濱亜嵐
玲於と楓ちゃん寝ちゃってるしw
片寄涼太
片寄涼太
泊まっていく?
晴美ちゃん
晴美ちゃん
いいの?
Lena
私はいいよ
お母さん
じゃあ、お母さんはホテル戻るね
Lena
あ、うん!
また、明日
Lena
お風呂入れてあるから入って♫
晴美ちゃん
晴美ちゃん
じゃあ、入らせてもらいます
Lena
うん
片寄涼太
片寄涼太
じゃあ、俺、布団出してくる
Lena
はーい、じゃあ、亜嵐くんと残りの片付けしとくね
。o♡o。+。o♡o。+。o♡o。+。o♡o。+。o♡o。+
Lena
もう、やっぱり届かない…
白濱亜嵐
白濱亜嵐
あ、はいはいw
Lena
えっ…
私の肩に手を置いて後から背伸びをして飾りをとってくれるその横顔…めちゃくちゃ綺麗やん…
白濱亜嵐
白濱亜嵐
はい、これでいい?
Lena
う、うん!ありがとう!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
はーい
私…やっぱり亜嵐くんのことが好きなのかな…?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
あ、晴美ちゃん出てきたっぽいよ
Lena
あ、うん!
Lena
私、タオル持っていってくるね
すると……














後から亜嵐くんに…











ハグされた
Lena
えっ…